企業ネットワーク最前線

実践! ネットワーク運用のコード化[最終回]Ansibleの活用による運用設定

文◎ネットワンシステムズ 鈴木俊吾、尾﨑直紀、中村喜之、杉亜希子 2018.02.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

APIや構成管理ツールを活用することで、ネットワーク運用はどう変わるのか。最終回となる今回は、構成管理ツールであるAnsibleを用いたネットワーク設定の自動化についてご紹介します。

 
構成管理ツールの大きな利点は、サーバーの構築の手順をコード化して決まった設定を自動で行える点だけではなく、誰が作業しても同じ結果が得られ、目的とする状態にできる(冪等性)ことです。

ネットワーク機器への対応は2016年ごろから開始され、多くのベンダーのOSに対応してきています(図表1)。そのため、ネットワーク業界からも注目が集まり、検証や情報収集が進んだ企業では実際に活用し始めています。以前から、データセンター事業者はサーバーの構築に利用してきましたが、ネットワーク機器にも活用の幅を広げています。

 

図表1 Ansibleのネットワークモジュールの例
図表1 Ansibleのネットワークモジュールの例


データセンターのインフラは、サーバーとトップオブラックのスイッチを1つのPOD(サービス提供の基本単位)として増設することがほとんどで、サーバーとスイッチをセットアップするパラメータなどはPOD間でほぼ同一になるよう設計されています。そのため、サーバーもスイッチも同じように構成管理ツールでセットアップすることが有効で、サービスの提供にかかる工数の削減やオペレーションミスの低減につなげることができます。

第1回「APIと構成管理ツールの活用法」でもご紹介したように、構成管理ツールにはいくつか種類があり、現在では「Ansible」「Puppet」「Chef」の3種類がメジャーなものと言えます。後発のツールは扱いやすいように改善されてきており、近年ではAnsibleに注目が集まっています。その理由としては以下の点が挙げられるでしょう。

プログラミングの知識がなくても作成できる
YAML形式のテキストに手順を列挙するだけ

エージェントレスである
SSH接続できるだけでよいので導入が容易

処理が簡単で理解しやすい
編集は、対象となる機器と実行する処理の2つで、処理順序は記述順

豊富なモジュール
サーバーやネットワーク機器だけでなく、コンテナの作成などクラウド連携も可能

Ansibleの基本的な仕組みAnsibleは、IT機器に対して自動的に設定を行うことができる構成管理ツールです。その概要を図表2に示します。

 

図表2 Ansibleの概要
図表2 Ansibleの概要


設定を行うためには、管理対象の機器を記述する「Inventoryファイル」と、設定内容を記述する「Playbook」を用意する必要があります。

Inventoryファイル
管理対象の機器と環境変数を定義

Playbook
Inventoryファイルで定義した機器に対して行う設定内容を記述

これらのファイルはシンプルで理解しやすい言語で記述するように設計されており、取り組みのための学習コストはそれほど高くありません。

Ansibleの特徴として、エージェントレスで機器の設定ができることが挙げられます。エージェントとは、機器を操作するために必要となる専用の管理ソフトウェアのことです。

エージェントレスではない構成管理ツールを用いる場合には、管理対象の機器に専用のソフトウェアをインストールする必要があり、アンインストールされると機器が管理できなくなります。また、管理対象の機器によってはエージェントをインストールできない場合もあります。

Ansibleはエージェントをインストールする必要がなく、基本的にSSH経由で機器にアクセスして操作します。SSHは広く一般に使われている、歴史ある暗号化通信のプロトコルであり、SSHが適切に設定されていれば、Ansibleを実行するホストと機器間の通信経路はセキュアに保たれます。また、対象機器によってはSSH以外にHTTPSも利用可能です。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

paloalto1712
necmag1712
atmark1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT無線を自営する
WI-SUN FAN/EnOcean/EnOcean Long Range/Bluetooth mesh/SmartHop/LoRaWANの特色や活用のポイント、最新事例を徹底レポート!

◆[インタビュー]KDDI総合研究所 中島康之所長「5Gきっかけに“不連続な進化”」 ◆5G NRの策定完了、その注目点は? ◆屋外や工場に広がる高速PLC

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
watson

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます