ニュース

IIJがFinTech事業に参入――2018年度下期からサービス開始

文◎村上麻里子(編集部) 2018.01.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2018年1月25日、デジタル通貨の取引・決済を行う金融サービス事業に参入すると発表した。

1月10日付で新会社「ディーカレット」を設立、デジタル通貨取引のスタンダードとなるサービスの提供を目指す。

ディーカレットは資本金52.3億円で、持分比率が35%のIIJが筆頭株主となる。出資企業には、伊藤忠商事、野村ホールディングス、東日本旅客鉄道、ビックカメラ、三井住友海上火災保険、三菱東京UFJ銀行など18社が名を連ねる。

IIJ代表取締役会長CEOの鈴木幸一氏は「中国ではコーヒー1杯を飲むだけでもキャッシュが使えない。通貨や決済の仮想化という世界的な流れに日本も乗り遅れないよう新会社が推進役のひとつになりたい」と抱負を語った。

 
 IIJ代表取締役会長CEOの鈴木幸一氏

ディーカレットでは①ビットコインなどの仮想通貨や法定通貨のデジタル通貨を24時間365日リアルタイムで交換できる取引所機能、②デジタル通貨の資産保管、暗号通貨の鍵管理、送金受け取り、本人確認・認証、履歴管理などの口座機能、③デジタル通貨を発行する銀行、電子マネー事業者、決済サービスを利用する店舗・ECサイトと連携するネットワーク、④外部サービスやアプリからの利用・連携を促進するためのAPIを提供する。

 
デジタル通貨の交換機能や口座機能を提供する

デジタル通貨はスマートフォンなど個人端末に入金されることで場所や時間を気にせず引き出したり、支払う通貨と受け取る通貨を変えるといったことができる。これにより、店舗における管理コストの削減や決済記録の一元管理なども可能になる。また、企業間の煩雑な決済処理もデジタル化で取引情報と併せて処理できるようになり、スマートコントラクト(あらゆる契約行動を自動プログラム化する仕組み)を実現するという。IIJ専務執行役員でディーカレットの代表取締役社長を務める時田一広氏は「デジタル通貨によって日本のキャッシュレス化を推進する。日常的な支払いがすべてデジタル化される社会を目指している」と述べた。

IIJ専務執行役員でディーカレット代表取締役社長の時田一広氏

なお、セキュリティについてはIIJがFX専業会社やネット銀行、証券会社向けに提供している高速通貨取引システム「IIJ Raptorサービス」で培った知見や、ネットワーク、クラウド、セキュリティなどのインターネット関連技術をベースに、国内金融機関と同水準を実現するという。

具体的なサービスとして、2018年度下期から、ウォレット(インターネットに各種デジタル通貨を保管・管理するアプリケーション)を通じたデジタル通貨の交換サービスや決済サービスを順次開始する。19年度にECサイトや実店舗における決済、電子マネー・モバイルウォレットとの連携に対応。2022年度にはプロックチェーンを使った新たな決済プラットフォームの提供を予定している。この時点で会員・利用者数500万人超、売上100億円超を目指す計画だ。

 
 2022年度には新たな決済プラットフォームの提供も予定する


スペシャルトピックスPR

checkpoint1801
logicool1801
kyowa1801

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT無線を自営する
WI-SUN FAN/EnOcean/EnOcean Long Range/Bluetooth mesh/SmartHop/LoRaWANの特色や活用のポイント、最新事例を徹底レポート!

◆[インタビュー]KDDI総合研究所 中島康之所長「5Gきっかけに“不連続な進化”」 ◆5G NRの策定完了、その注目点は? ◆屋外や工場に広がる高速PLC

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
watson

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます