ニュース

総務省の5G作業班、5Gの技術条件の本格議論をスタート

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.12.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

情報通信審議会 新世代モバイル通信システム委員会 技術検討作業班(主任:三瓶政一大阪大学大学院教授)の第4回会合が2017年12月22日、総務省で開かれた。

同委員会は、2017年9月に取りまとめた報告書で、2020年の5G実現に向け、(1)3.7/4.5/28GHz帯の3つの周波数帯を2018年度末頃までに割り当てることと、(2)そのために2018年夏頃までに技術的条件を策定することを提言。28GHz帯で最大2GHz(2000MHz)幅、3.7GHz帯及び4.5GHz帯で最大500MHz幅の帯域を5G用に確保すべきだとしている。

5Gのコンセプトなどを議論してきた作業班では、3GPPでの標準化の進展を受けて、今回から具体的な技術的条件の検討に入った。今後、月1回のペースで会合を持ち、2018年5月に報告書を取りまとめる。既存システムとの干渉検討を行うため、これらの帯域を利用している航空・宇宙通信、衛星放送などの関係者が、今回新たに構成員に加わった。

会合では事務局(総務省移動通信課)の報告に続き、欧州ビジネス協会の本多美雄構成員が、12月21日に3GPPでコアスペック(無線関連仕様)が固まった5Gの「ノンスタンドアロン(NSA)」仕様について、エリクソンとノキアが作成した資料に基づいて解説した。

5Gでは、多くの通信事業者が4G(LTE/LTE-Advanced)のエリア内に5Gエリアを重層させ、デバイスの制御は4G側で行うNSAの導入を考えている。このことから、2020年の商用化に向けて、NSAの標準化が前倒しされた。

本多氏は、3GPPでは2018年6月の承認に向けて5月にワーキンググループ(WG4)で無線以外の関連部分を含む最終仕様が固まるとし、これが「技術的条件を策定する上で重要なタイミングになる」と述べた。作業班の検討スケジュールは、ここにフォーカスしたものだ。

5Gの無線規格(NR:New Radio)は、現行の4G無線仕様を拡張したもので、「無線伝送方式」は4GのOFDMAを踏襲している。最も大きな変更点は、サブキャリアの帯域幅をLTEの2~8倍に拡大、1フレームのデータを短時間でやり取りできるようにして、低遅延化を可能にしたことだ。

これに伴い、搬送波幅も拡大され、数Gbpsクラスの超高速データ通信に対応しやすくなる。

NRの仕様は、6GHz以下の周波数帯(FR1、日本では3.7/4.5GHz帯)向けと6GHz以上の周波数帯(FR2、日本では28GHz帯)向けの2つに分けて規定されている。

FR1向け仕様では、サブキャリア幅に4Gと同じ15kHzに加え、新たに30kHz、60kHzを追加した。30/60kHz幅のサブキャリアを用いる場合、搬送波幅はLTEの20MHz幅の5倍、最大100MHzまで拡大できる。これをキャリアアグリゲーゲーションで複数本束ねてGbpsクラスの通信に必要な数百MHz幅の伝送帯域を確保する。 

FR2向け仕様では、60kHz及び120kHzの2つのサブキャリア幅が規定された。120kHz幅のサブキャリアを用いる場合、搬送波幅を最大400MHz幅まで広げることが可能となる。

3GPPでは、2.1GHz帯、1.7GHz帯、900MHz帯、700MHz帯、2.5GHz帯、1.5GHz帯(バンド1、3、8、28、41、73)といった、現在LTEで使われている周波数帯へのNRの導入も予定しており、TDDだけでなくFDDにも対応する。

続いて会合では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがそれぞれの5Gに向けた取り組みを説明。構成員の議論では、現在は無線モジュールとアンテナの間で行っている送信電力の測定が、5GのMassiveアンテナでは無線モジュールとアンテナが一体化され、電波強度から電力を推定する形となるため、これを実際にどう実現するかが話題となった。

スペシャルトピックスPR

jsk1802
日本ビジネスシステムズ
Dialpad

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます