ICT×未来

<特集>IoTと宇宙(最終回)

センチメーター級測位がIoTを変える

文◎唐島明子(編集部) 2017.12.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

準天頂軌道のみちびき2、4号機
(提供:内閣府宇宙開発戦略推進事務局)

日本版GPSとも言われる「みちびき」のサービスが、2018年4月からオープンになる。これまでの「誤差10メートルの測位」から「ピンポイント測位」の世界に突入だ。IoTにおけるGPSの活躍範囲は格段に広がる。

 
クルマのナビゲーションから高齢者の徘徊対策、建設機械の位置管理、登山者のトラッキング……。GPSは、数えきれないほどのIoTアプリケーションで活用されている。

そんなGPSの利用シーンが2018年4月、飛躍的に拡大・高度化する。これまで利用実証などが行われてきた日本の測位衛星「みちびき」のサービスが、いよいよオープンに利用可能になるからだ。

GPSの可用性を向上みちびきがもたらす変化は、大きく2つに整理できる。「GPS補完」と「GPS補強」だ。

1つめのGPS補完は、GPSの可用性を向上させる。みちびきのカバレッジには、日本のほかにも、東南アジアやオーストラリアも含まれる。これらのエリアでGPS測位の安定性が高まる。

そもそもGPSとは、GNSS(Global Navigation Satellite System、全球測位衛星システム)の1つで、米国政府が運用する衛星測位システムのことだ。世界中で利用されている米国のGPSは現在、合計31機のGPS衛星で地球全体をカバーしながら、地球に向けて測位信号を配信している。なお、GNSSには、GPSのほかにも日本のみちびきはもちろん、ロシアの「GLONASS」、欧州の「Galileo」、中国の「BeiDou」などがある。

衛星測位を行うには、衛星からの測位信号を受け取る受信機(例:スマートフォンやトラッキング端末)は、少なくとも4機の衛星から測位信号を受信することが必要になる。安定した測位精度を出すには8機以上が望ましいとされている。ある地点から見えるGPS衛星の数は基本的に6機だが、高層ビルが立ち並ぶ都心、山間部など、上空の見晴らしが悪いロケーションでは6機すべてを視界に捉えるのは難しく、4機以下になることもある。このため、GPSによる測位が困難なエリアは、実は意外に多い。

しかし、みちびきのサービスが始まれば、視界に捉えられるGPS衛星の数が少ないことによる測位不良は、一気に改善することになる。GPS衛星と同一周波数・同一時刻の測位信号を配信するみちびきは、GPSと一体的に運用可能な衛星測位システムであり、みちびきがGPS衛星を補完できるためだ(図表1)。

 


図表1 みちびきはGPS互換

図表1 みちびきはGPS互換
出典:qzss.go.jp



2017年10月10日、4号機の打ち上げ・切り離しが成功し、みちびきは4機体制になった。4機のうち1機(3号機)は常に赤道付近の上空に滞在する静止衛星で、3機(1、2、4号機)は“8の字”を描く準天頂軌道衛星だ(図表2)。

 


図表2 4機体制になった「みちびき」の軌道とカバレッジ
図表2 4機体制になった「みちびき」の軌道とカバレッジ



1、2、4号機は、準天頂の名の通り、「日本のほぼ真上(仰角70度以上)」を通過する(図表3)。3機は交互に仰角70度以上に約8時間滞在するため、少なくとも1機は常に日本の準天頂にいる構成になっている。つまり、みちびきは24時間体制で、高層ビルや山の影響を受けづらい真上から測位信号を配信する。

GPSの受信機からすると、見えるみちびきの数だけGPS衛星が増えた状態となり、GPSによる測位の可用性と精度が大きく高まることになる。

 


図表3 準天頂軌道衛星にあるみちびきの見え方
図表3 準天頂軌道衛星にあるみちびきの見え方
出典:qzss.go.jp



これまで十分なトラッキングができなかったエリアでも、従来より安定的かつ高い精度で測位できるようになるのだ。みちびきを運用する内閣府は、さらに2023年度には7機体制に増やす計画を立てている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

日本ビジネスシステムズ
Dialpad
ted1803

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます