企業ネットワーク最前線

IoTの検証作業をスピードアップ――センサーも通信機能も自由に付け替え

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.11.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoTにおいて適切な通信方式を選ぶことは難しく、これが原因で検証がストップする事態も少なくない。NECプラットフォームズは通信機能を“付け替え自由”にするIoTデバイスでそんな悩みに応えている。

 
いかにして安定的かつ確実にデータを集めるのか。この第一歩目でつまずくIoTプロジェクトは少なくない。

要因は様々だ。まず、IoTを適用しようとする現場は工場や屋外、車両等の過酷な環境が多く、一般的なセンサー/通信機器は使えない場合が多い。目的・用途に応じてデータ量や通信頻度、通信距離、消費電力等の条件に合う通信方式を選ぶのも簡単ではない。しかも、一旦仕様を決めてもトライアルやPoC(概念実証)の結果、通信方式を変更せざるを得ない場合もある。

巷には安価に手に入るIoTゲートウェイや検証キットが溢れているが、意外にも「こうしたIoTの“産みの苦しみ”を解消してくれるものは少ない」と語るのは、NECプラットフォームズ(NECPF) IoTビジネス本部 エキスパートの長島勝城氏だ。使える通信方式が1つか2つしかなかったり、耐環境性が考慮されていなかったりで、「端末が壊れた」「通信速度が足りない」「電波が届かない」「電力を食い過ぎる」といった問題が出る度に、機器選びから再出発を余儀なくされるケースも少なくない。

NECプラットフォームズ IoTビジネス本部エキスパートの長島勝城氏(右)と、NTT事業推進部 第二営業グループマネージャーの和佐野宏宜氏
NECプラットフォームズ IoTビジネス本部エキスパートの長島勝城氏(右)と、
NTT事業推進部 第二営業グループマネージャーの和佐野宏宜氏


通信機能を自由に“付け替え”NECPFはこうした悩みを解消すべく、「難設置IoTアクセス端末」を提供している。その名の通り過酷な環境でも利用できること、そしてセンサー/通信方式を柔軟に選べることが特徴だ。

難設置IoTアクセス端末の筐体とマイコンボード
難設置IoTアクセス端末の筐体とマイコンボード。産業用機器や移動体、構造物等の
監視・制御用途を想定しており、防水・防塵に加え、耐振動・耐久・耐衝撃性能も備える



図表1
のように、マイコンボードと専用筐体および電池で構成する「共通部」に、各種モジュールを付け替えることができる。

こうすることで、ユーザーにもNECPFにもメリットが生まれる。幅広いニーズに応えられ、検証のスピードも早められる。NTT事業推進部 第二営業グループマネージャーの和佐野宏宜氏は「センサーと通信機能を“決め打ち”で作れば安くできる。しかし、IoTの用途もニーズも固まっていない現状ではリスクが大きいし、お客様の選択肢も狭めてしまう」と語る。

 

図表1 IoTアクセス端末の装置構成[画像をクリックで拡大]
図表1 IoTアクセス端末の装置構成


選択の幅を広げるため、マイコンボードにはIoTの検証でよく用いられるArduinoのインターフェースを採用した。Arduinoとはオープンソースハードウェアの一種で、3GやWi-Fi等の通信機能やセンサー機能を搭載する「シールド」と呼ばれる拡張ボードが市販されている。「それを組み込んで短期間かつ安価にPoCができる」(長島氏)のだ。

実際にユーザー企業でも3GやWi-Fi、RS-485、2.4GHz/920MHz帯無線のシールドを使った検証が行われている。また、NECPFがGPSやBLE、LoRaのモジュールを試作して、ユーザー企業のPoCに供してもいるという。

一般的なArduinoボードとの違いは省電力設計であること、防水・防塵の専用筐体によって屋外での検証が可能なことだ。鉄道車両のブレーキ装置相当の耐振動・耐久・耐衝撃性能も備えている。

そして長島氏は、実用化への障害が少ない点も特徴に挙げる。市販のArduinoボードやIoT検証キットの場合は「PoCの結果をどこかのメーカーで製品化するのに大きな投資が必要になるが、当社の端末なら、PoCで仕様が決まれば大きな変更なく商用システムに移行できる」。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

IBM1710
nec1710
ipswitch1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます