企業ネットワーク最前線

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

BLEとLoRaWANでコストの障壁を突破――IoTサービスの創出に挑むレンジャーシステムズ

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.11.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レンジャーシステムズ 執行役員
IoT事業部長 木村秀一氏

2016年からBLEを中心とするIoTコネクティングサービス「monoコネクト」を展開するレンジャーシステムズが、11月からラインナップにLoRaWANを追加、IoTビジネスを加速させている。安価なデバイス・ネットワークコストと、多彩な技術を活かし、企業とともに新たなIoTサービスの創出に取り組んでいくという。

 
MVNE(MVNO支援)事業を手がけるレンジャーシステムズは、昨年5月にIoTコネクティングサービス「monoコネクト」の提供を開始、デバイスから、ネットワーク構築・運用保守までをトータルで提供するIoTソリューションをもう1つの大きな事業の柱に据えている。

11月1日に開催されたIoTビジネスカンファレンス(主催・リックテレコム)で講演したレンジャーシステムズIoT事業部長の木村秀一氏は、BLE(Bluetooth Low Energy)を中心としたmonoコネクトの取り組みと、11月に新たにそのラインナップに加わったLoRaWANサービスの特徴を、具体的な事例を交えて説明した。

木村氏は、まずmonoコネクトを「BLEを使ったセンサーやゲートウェイなどのデバイスを中心に、お客様のIoTサービスを構築していくことをメインするサービス」と説明。「とにかくコストを安く抑えたい、安価なデバイスを提供したいというコンセプトで作った」と強調した。

木村氏がレンジャーシステムズに入社する前から手がけてきたIoTビジネスでは「お客様と一緒にIoTサービスを作ろうとしても、多くがコストの問題に引っかかってしまう、苦い経験があった」からだ。

この①低価格なデバイスに、②汎用的なプロトコルを用いてAWSやAzureなどのクラウドや企業のサーバーなどに接続できる「システム設計の柔軟性」、③デバイスの保守・管理・運用などコンソールを通じて容易に行える高い「保守性、可用性」を加えた3つが、monoコネクトの特徴となっているという。

木村氏が、この中で②の「システム設計の柔軟性」を示すものとして紹介したのが、今年初めに同社が投入したLTE カテゴリ1対応モジュール搭載の「BLE/LTEゲートウェイ」だ。手のひらに乗るサイズのこの製品は、特別な作り込みをしていないため、市販のBLEセンサーを広く接続して、HTTPやMQTTなどの標準的なプロトコルを用いて簡単にクラウドやサーバーにデータを送ることができる。接続回線にLTEではなく、Wi-Fiを利用する製品も用意されている。

レンジャーシステムズでは、このゲートウェイと合わせて、必要に応じてマグネット、温度湿度、赤外線、人感、加速度などのセンサーを内蔵できる同社の「センサービーコン(iBSシリーズ)」や、大気モニタリングなどパートナー企業の多彩なセンサーデバイスをラインナップし、「お客様がやりたいこと」を実現していくという。

BLEを中心とした「monoコネクト」のソリューション構成
BLEを中心とした「monoコネクト」のソリューション構成



続いて木村氏は1年半の展開実績を踏まえて、monoコネクトの「ちょっと変わった活用事例」を紹介した。まず、取り上げられたのが、木村氏が「おそらく当社がナンバー1」だと見る「トイレのIoT」だ。トイレの個室にマグネットセンサーなどを取り付け、満空状況をWebで確認できるようにするというもので、「非常に多くの引き合いをいただいている」という。特にニーズが高いのがオフィスビルで、「従業員数が500~1000名を超える企業への導入事例が全体の8割くらいを占める」。これに次ぐのが駅で、「すでに数社の電鉄会社と契約し工事を進めている。おそらく来年度には利用できるようになる」と、木村氏は明かす。

ショッピングモールなどの商業施設や高速道路のパーキングエリアなどにも導入が広がっており、その多くではデジタルサイネージによる満空情報が提供されているという。このサービスはトイレの利用者だけでなく、緊急時の早期発見や事故・犯罪防止の観点から管理者にも高く評価されているとのことだ。

IoTを活用したトイレの満空情報サービスの導入イメージ
IoTを活用したトイレの満空情報サービスの導入イメージ


この他、CATVの配信設備を活用したGPS不要の学童・高齢者見守りサービス、受粉用のハチの活動把握、オフィスのCO2量の測定など、同社ではBLEを用いて、さまざまなIoTシステムを構築してきているという。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます