企業ネットワーク最前線

5Gが可能にする“ちょっと先”の未来とは?――ドコモが5Gイベントを開催

文◎太田智晴(編集部) 2017.11.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは、最新の研究成果を紹介するイベント「見えてきた、“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~」と「DOCOMO R&D Open House 2017」を11月9日~11日まで、日本科学未来館(東京・お台場)で開催している。一般公開に先立ち、11月8日に行われたプレス向けツアーに参加した。“ちょっと先”まで迫ってきた5Gの研究開発は、どこまで進んだのだろうか。

 
「基本的には、世界中で2020年までに5Gを商用化すると明確に宣言されている。少し前は日本と韓国がかなりアグレッシブだったが、今は世界中だ」。プレス向けツアーの冒頭、このように5Gの最新動向を紹介したのは、NTTドコモ 5G推進室長の中村武宏氏。標準化作業についても「非常にスピーディに進んでいる」という。

NTTドコモ 5G推進室長 中村武宏氏
NTTドコモ 5G推進室長 中村武宏氏


また、5Gの商用化にあたっては、周波数の問題も重要だが、こちらも「非常にいい感じになっている」と中村氏。そして、「写真を撮っておいた方がいいですよ」と記者たちに促したのが以下のスライドだ。

日本にとって良い方向に進んでいる世界の5G向け周波数動向
日本にとって良い方向に進んでいる世界の5G向け周波数動向



日本では、3.6GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯が5G用の周波数候補として挙がっているが、世界的に「大体このへんでまとまりそうになっている」。日本において広帯域が確保できる可能性がある3.8~4.2GHzについても米国、日本の独自帯域となる可能性があった4.5GHz帯についても中国という「世界のメジャーな国で一緒に使われる可能性が出てきた」という。

ネットワークスライシングで企業ネットワークをオンデマンド提供展示スペースでは、5GやIoT、AIなどに関する最新技術や、そのユースケースなどが多数紹介されている。

5Gでは、eMBB(超高速)、超高信頼・低遅延(URLLC)、超大量接続(mMTC)の3種類にユースケースがカテゴライズされており、5Gのスタート時点でまず最優先されるのはeMBBだが、URLLCに関する研究開発も着実に進んでいる。

3GPPは、URLLCの要求条件として、片道0.5msの低遅延、32バイト以上のパケットデータ量の99.999%以上の送信成功率を定めている。ドコモはファーウェイと共同で行った実証実験において、世界初、この条件を満たす屋外実験に成功しているが、会場ではこのURLLC通信を活用したデモが行われていた。

振り子をモバイル通信で遠隔自動制御するデモで、遅延時間の大きいLTEによる制御では振り子を安定(静止)させるのに大分時間がかかる。しかし、5Gでは、静止までの時間がかなり短縮。さらに、振り子の上に紙を乗せても、低遅延通信により、紙を落とさず迅速に制御できる様を披露した。

振り子の制御のデモの様子
振り子の制御のデモの様子。右下に見えるように、紙を載せても、5Gで迅速に振り子を制御し、紙は落ちない。
左上のディスプレイに表示されている数字は、振り子の安定(静止)までにかかった時間を4Gと5Gで比較したもの



5G時代においては、コアネットワークも変革していくが、中でも注目度が高いのがネットワークスライシング技術だ。これを活用し、サーバーリソースから帯域が保証された専用ネットワークまでをエンドツーエンドで、企業向けにオンデマンド提供するデモも行われた。サーバーリソースは、全国各地に分散配置された、いわゆるエッジコンピューティング環境を想定。企業ネットワークからサーバーまでを丸ごと提供する。

ネットワークスライシングを利用し、サーバーからネットワークまでを企業にオンデマンド提供
ネットワークスライシングを利用し、サーバーからネットワークまでを企業にオンデマンド提供

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます