ニュース

NTTドコモが考える「次世代モビリティ」とは――Future Mobility Summitで吉澤社長が講演

文◎村上麻里子(編集部) 2017.10.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京モーターショーの併催カンファレンスとして、業界関係者がモビリティの将来や課題について議論する「Future Mobility Summit Tokyo:2017」が今回初めて開催された。

10月27日のDay2にはNTTドコモの吉澤和弘社長が登壇し、「次世代モビリティへの挑戦~5Gでより豊かな未来を~」をテーマに基調講演を行った。

 
 NTTドコモの吉澤和弘社長

ドコモは今年4月に、2020年以降を見据えた中期戦略として「beyond宣言」を策定した。6つの宣言の1つに「スタイル革新宣言」があるが、これは5Gならではの特徴を活かし、VRやAI、IoTを活用して「体感革新」などの実現を目指すというもの。具体的な取り組みとして、次世代モビリティなどを掲げている。

ドコモの次世代モビリティの軸となるのが、①コネクテッドカー、②次世代交通、③シェアリングモビリティだ。

①のコネクテッドカーは、車の購入から利用、売却までのカーライフサイクル全般を幅広くサポートすることを目指している。ゼンリン、ゼンリンデータコムと共同開発した「AIインフォテイメントサービス」は、「高度情報検索」「行動先読み」「自然対話」といったドコモの技術の活用により、ドライバーの趣味や嗜好に合わせた情報配信なども行える。吉澤社長は「究極のAIエージェントを車の中でも提供することを目指していきたい」と語った。

②の次世代交通は、地方における公共交通空白地域、都市部の渋滞、観光需要の増加に対応した交通網の整備など、人やモノの移動に関する社会的課題の解決を目的とする。

具体的な取り組みとして、AIタクシー、AI運行バス、自動運転バスの実証実験を行っている。

このうちAIタクシーは、エリアや属性ごとの集団の人数を示す人口統計やタクシーの運行データ、気象データを組み合わせ、AIで解析。500m四方ごとの30分後タクシー需要を予測する。

これまで東京無線協同組合やつばめタクシーグループ(名古屋市)と連携し、実証実験を行ってきた。その結果、ドライバーの1日あたりの売上アップにつながるといった成果が明らかになっている。一方、利用者にとっても待ち時間の短縮などのメリットが期待できるという。

③のシェアリングモビリティでは、自転車や駐車場に続き、11月から「dカーシェア」を提供開始する。
dカーシェアは、カーシェアとレンタカー、マイカーシェアが1つのプラットフォームで利用できる。自転車や駐車場はBtoBtoCのビジネスモデルだが、マイカーシェアは車を所有するオーナーと車の使用を希望するドライバーという個人間のシェアリングになる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます