ビジネス・企業

【東京モーターショー2017】トヨタ「CONCEPT-愛i」で体感する人とクルマの新たな関係

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ドライバーの感情や嗜好を理解する
AIを搭載したトヨタのコンセプトモデル
「TOYOTA CONCEPT-愛i」

2017年10月28日から一般公開が始まる東京モーターショー2017。西ホールのトヨタスタンド(ブース)では、トヨタが“未来のモビリティ”を具体化したコンセプトカー「TOYOTA CONCEPT-愛i」が出展されている。自動車に搭載されたAIがドライバーを理解し、さらにクラウドとの連携によって、クルマを人のパートナーにするというコンセプトだ。今回、シェアリングサービスでの活用も想定した新タイプも登場し、さらに広がったコネクテッドカーの未来が体感できる。


「TOYOTA CONCEPT-愛i」は、2017年1月に米国で開催された見本市「CES」でトヨタ自動車が発表し、話題を集めたコンセプトモデルだ。今回、東京モーターショー2017に合わせてシリーズを拡大し、CESで初公開したモデル(下写真の右)に加えて、小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」と、歩行空間向けの3輪電動スクーター「Concept-愛i WALK」の3タイプをトヨタスタンドで披露している。


トヨタ自動車のコンセプトモデル「TOYOTA CONCEPT-愛i」。
左奥が、今回新たに追加された小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」(詳細は2ページへ)


CONCEPT-愛iの目玉は何と言っても、ドライバーの感情や嗜好を理解する人工知能(AI)の搭載だ。トヨタスタンドの一角では、ドライビングシュミレーターでAIとのやり取りを実際に体感することができる。

ドライバーの感情や嗜好をクルマが理解する

では、AIはドライバーに対して何をするのか。ひと言でいえば、AIが能動的にドライバーをアシストすることで安全性を高めたり、運転そのものを楽しく、快適に行えるようにする。

説明員によれば、表情、ジェスチャー、声色の3要素を基にAIがドライバーの心情や嗜好を理解するという。これを手がかりに、ドライバーが眠気を催せば注意を促したり、イライラしていたらシートを振動させたり、あるいはドライバーの好きな曲を流す、興味を引くニュースを知らせたりする。例えばサッカーが好きなドライバーならば「昨日の試合で本田圭佑が2ゴール決めた」というニュースを流すといった具合だ。

また、ドライバーが危険な状態に陥ったような場合は自動運転モードに切り替わる。“見守り”だけでなく、クルマと人が“助け合う”関係を実現しようとしているのだ。

こうしたドライバーの感情推定はクルマ内で行い、一方、ネットワークでつながったクラウドでは個人の思考や好みなどを学習しデータを蓄積する。数多くのドライバーのデータが集まることで、さらに高度なサービスを行うことも可能になるという。



ドライバーの感情をモニタリングし、それを地図上にプロットしたもの。
緑色が「ハッピーな感情」で、オレンジ色が「アンハッピーな感情」を表す。
このデータを基に“より楽しくドライビングできるルート”を提示することも可能になる

その例が、ドライバーの幸福感を優先させた新たなナビゲーションサービスだ。「AIとクラウドがドライバーの感情をモニタリングし続ける。それによって、“幸福”な状態で走行した人が多いルートや区間、反対にストレスを感じるドライバーが多かった区間といったものがわかるようになる」と説明員は話す。

このデータを活用することで、少し遠回りになるかも知れないが、より楽しんでドライビングができるルートをAIが提案するといったことが可能になるという。「従来のナビは、“最も早く着く”または“最短距離で着く”ルートを検索して提示するものだった。だが、これからは“最も幸福な状態で目的地を目指せる”という新しいナビができるかもしれない」(説明員)。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます