ニュース

エリクソン・フォーラム、カテゴリーM1の音声サービスボタンやスマートシティのデモ展示

文◎唐島明子(編集部) 2017.10.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソン・ジャパンは2017年10月19日、「ERICSSON FORUM 2017 ‐BEYOND CONNECTIVITY‐」を開催した。フォーラムのデモエリアにはいくつかの展示があったが、今回はIoTブースで紹介されていた、①カテゴリーM1のVoLTE機能を利用した音声サービスボタンと②スマートシティソリューションを紹介しよう。

①音声サービスボタンは、日本では来年からの商用開始が見込まれているセルラー版LPWAの「カテゴリーM1(LTE Cat.M1)」を利用するソリューションだ。セルラー版LPWAには「NB-IoT(LTE Cat.NB1)」とカテゴリーM1があり、NB-IoTは音声通話に対応していないが、カテゴリーM1はVoLTEの音声通話に対応している。



音声サービスボタンにはSIMが内蔵されており、ボタンが押されると予め指定した電話番号に架電されるというシンプルな仕組みだ。利用シーンとしては、会社のコーヒーマシンに設置しておき、マシンが壊れたら修理会社に電話できるようにしたり、会社の受付に設置して来訪者がタクシーを呼ぶためのボタンとして、ボタンを押したら周辺のタクシー会社に電話することなどが考えられる。


カテゴリーM1で音声通話に対応する「音声サービスボタン」のデモ用デバイス


音声サービスボタンの利用イメージ。コーヒーマシンが壊れたら、社内の管理部門等に問い合わせなくても、直接修理会社にすぐに連絡できる(左の画像)

LoRa/LoRaWANやSigfoxなどノンセルラーのLPWAでも、同様のボタンサービスが登場しているが、それらのサービスでは音声通話機能はない。音声コミュニケーションによる柔軟性のある意思疎通が必要なケースでは、カテゴリーM1の音声ボタンサービスは非常に有効な手段だ。

なお、デモ展示されていたコーヒーマシンとタクシーの音声サービスボタンは、いずれも1つのボタンで1つの架電先となっていたが、2つのボタンを設置してボタンごとに違うところへ架電するような設定も可能だという。

②スマートシティのソリューションは、エリクソンが提供するプラットフォーム「IoT Accelerator」を利用するもので、オランダのアムステルダムや米国の大都市(都市名はまだ非公開)などで検証・導入が進んでいるという。





IoT Accelertorでは、クルマやバス、ネットワークカメラ、街灯、街中に設置したセンサーなど街中の情報を集約。これまでサイロ化されていたデータやサービスを共有できるようにすることも可能だ。利用シーンの1つとして、過去の渋滞情報をもとに今後の渋滞予測をしたり、その予測をベースに最適な輸送ルートを設定することなどが考えられるそうだ。また、どのエリアに人がたくさんいて混雑しているかなどを推定するために、街中のCO2センサーのデータを分析することなどが考えられているという。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます