企業ネットワーク最前線

<特集>エッジコンピューティングの全貌 第5回

ドコモが考える「エッジコンピューティング」、地産地消型IoTから開始

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモ 先進技術研究所
スマートICT基盤研究グループ
主幹研究員 岩科滋氏

エッジコンピューティングはモバイルキャリアのサービスをどう変えるのか。また、キャリアネットワークにどのように実装されるのか。エッジの必要性と課題、そして将来の展開についてNTTドコモに聞いた。

 
エッジコンピューティングは、ドコモが2020年の実用化を計画する5G(第5世代移動通信システム)の要素技術の1つでもある。ドコモはその効用についてどう考えているのか。

先進技術研究所・スマートICT基盤研究グループで主幹研究員を務める岩科滋氏は、エッジコンピューティングが必要とされる理由として次の3点を上げる。「超低遅延化」「コンテキストアウェアネス型の無線制御」「トラフィックの地産地消」だ。

エッジの効用と課題1つめの「超低遅延化」は、クルマの安全運転支援や自動運転、機械の遠隔制御といった低遅延性が要求されるアプリケーションを実現するのに不可欠な要素だ。

エッジコンピューティングの実装・展開方法としては、基地局あるいはその至近にサーバーを置いてコンピューティング処理を行う形態が検討されている。それによって、クラウドで処理を行うのに比べて、デバイスとサーバーとの距離を縮め、通信遅延を削減する。

2つめの「コンテキストアウェアネス型の無線制御」とは、「基地局の近くでアプリの処理を行うことで、アプリ処理と無線の制御をより密接に行う」(岩科氏)というものだ。アプリの要求に応じて無線の帯域や品質を変化させたり、逆に無線の品質変化に応じてアプリの状態を変化させるといった制御を行う。

使い方の例を示そう。

エッジコンピューティングのユースケースとしてよく挙げられるものにV2X(Vehicle to Everything、車車間・路車間通信)がある。V2Xを用いたコネクテッドカー向けのサービスでは、①進行方向の先で起きた事故を通知して緊急ブレーキをかけるといった低遅延・高信頼性が要求されるものもあれば、②近隣の地図情報を更新するなどの遅延・信頼性要求が低いアプリが混在する。

そこで、ネットワーク側では、アプリの特性に応じて無線帯域や品質を制御する必要が出てくる。①に使う無線リソースを確保したり、優先的に帯域制御を行うといった具合だ。

この制御を、クラウドやキャリア網のコア側からではなく基地局で行うことで、迅速かつ効率的な処理が行えるようになる。膨大な数のIoTデバイスに対して制御を行うには、現在のようにクラウドやコア設備で集中的に行うよりも「基地局に分散させるほうが適している」のだ。

3つめの「トラフィックの地産地消」とは、トラフィックの伝送と処理をある地域内で完結させることで、バックボーンネットワークの帯域や伝送コストを削減するという考え方だ。例えば、先述の②地図情報はエリアに紐付いた情報であるため、クラウドに置く必要がない。市町村や県単位でリソースを置き、そこで情報を管理し配信するような形態が適している。

最大の課題はコスト増一方、岩科氏は課題も指摘する。

1つは、設備・管理コストの増大だ。現在はクラウドやコア網に集中配備している設備をユーザーの近くに分散するとなれば、機器コストはもちろん、それを設置するための建物・スペースや電力の確保が必要だ。保守・管理コストも増える。このコスト増に見合う収益が得られるビジネスを創出できるかが課題だ。

もう1つは、低遅延性を追求した場合に懸念されるデメリットだ。岩科氏は「低遅延を求めようとすると、物理的距離を縮めるだけでは済まず、それ以上の効果を得るためにパケット処理を省くことで遅延を短くするしかなくなる」と話す。

例えば、パケットごとの課金処理や、IPsecによるカプセリング処理を省くといった方法だ。遅延は改善するが、「逆に、今の仕組みでできていることができなくなる」。課金については、超低遅延サービスにあった新たな課金モデルが必要になる。

キャリア網においてエッジコンピューティングを実用化するためには、こうした課題を解決する必要がある。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
サイバー・リーズン

スペシャルトピックス

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます