企業ネットワーク最前線

「100円SIM」の狙いとは? - NTTコムがIoT向け通信で価格破壊の理由

文◎村上麻里子(編集部) 2017.08.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

低トラフィックIoT向け通信が盛り上がりを見せている。NTTコムは月額100円で閉域網を使ったセキュアな通信サービスの提供を通じて、中小企業を含むIoT需要の掘り起こしを狙う。

 
本格的なIoT時代を前に、デバイス1台あたりの送信頻度が少なく、1回あたりのデータ容量も小さい「低トラフィックIoT」を対象にした通信サービスに注目が集まっている。

NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は7月3日、携帯電話回線(GSM/3G/LTE)を使った企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One モバイル グローバルM2M」において、「100円SIM」でこの分野に参入した。

100円SIMという名称が示すように、1回線あたりの通信量が1MB以下であれば、月額100円(税抜、初期費用として500円、1MB超過ごとに100円が別途必要)という安価な料金で利用できるのが大きな特徴だ。

自動販売機や家電製品の遠隔監視、子供や高齢者の見守りサービス、宅配の追跡サービスなど、低トラフィックIoT分野の用途は幅広い。「従来、IoT向けのモバイル通信サービスといえば1カ月のデータ容量が30MBで月額500円程度のプランが主流だった。だが、『データ容量は数MB程度でいいから、もっと安いプランが欲しい』という多くの声があり、そのニーズに応えた」とネットワークサービス部オープンネットワークサービス部門主査の井上北斗氏は説明する。
NTTコミュニケーションズ
(左から)ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門 主査の井上北斗氏、同部 販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏、同部 販売推進部門 M2M/IoT担当の村田一成氏

閉域網とマルチキャリアに強み100円SIMが月額100円で利用できるのは、日本や中国、香港、インド、米国、フランス、ドイツなど25の国・地域。いずれも日系企業が多く進出している国であり、まず国内向けにIoTサービスを提供した後、グローバルにも展開したいといった企業のニーズに応えることができるという。

低トラフィックIoT向けの格安SIMサービスは、SORACOMの「SORACOM Air for セルラー」やIIJグローバルソリューションズの「Vodafone IoT SIM」など、今年に入って各社から相次いでリリースされている。1MB利用時の月額利用料金はSORACOMが0.9ドル(日本円で約112円)、IIJが190円だ。100円SIMが最安なものの、圧倒的に安いとまでは言えないが、実は100円SIMの差別化ポイントは料金だけではない。

NTTコムは、①閉域VPNへの接続による安全性、②マルチキャリア対応による継続性も強みに挙げる。

 

図表1 NTTコムの提供するIoTソリューションイメージ
図表1 NTTコムの提供するIoTソリューションイメージ


①については、IoT環境を構築する際、自社の生産設備や機械、製品をネットワークに接続することで外部からサイバー攻撃を受け、企業の機密データや個人情報が漏えいするリスクが高まることが、企業にとって不安の種だ。他社のサービスはインターネットを経由してクラウドに接続したり、あるいは携帯電話網と自社ネットワーク設備・基盤との接続部分にインターネットVPNを利用している。他方、NTTコムは携帯電話網から直接インターネットを介さず閉域VPNに接続し、さらに、自社の「Enterprise Cloud」やマイクロソフトの「Azure」、アマゾン・ウェブ・サービスの「AWS」などのクラウドサービスともセキュアな閉域接続を実現している。

②については、国内ではNTTドコモとソフトバンクというように、同一国・地域内において1枚のSIMで複数の携帯キャリアの回線に接続することができる。接続している携帯キャリアのネットワークで障害が発生したり圏外になった場合、他のキャリアに自動で接続されるので、通信が途絶する可能性を減らせる。日本ではあまり関係ないかもしれないが、東南アジアのように都市部以外はキャリアごとにつながる地域が限定されている国で効果を発揮するという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます