ニュース

「5G」の標準化と各国の商用化スケジュール――2022年には人口カバー率15%に

文◎唐島明子(編集部) 2017.08.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソンが半年に1回発行している調査レポートの最新版「Ericsson Mobility Report June 2017」によれば、5Gの人口カバー率は2022年には15%になる見込みだという。しかし5Gの標準化はまだ完了していない。標準化に向けた今後の予定と、各国の商用化スケジュールを紹介する。


5G(第5世代移動通信システム)は、LTE/LTE-Advancedの次の世代にあたるモバイルネットワークだ。エリクソンが発行した最新の調査レポート「Ericsson Mobility Report June 2017」によれば、2022年には5Gの人口カバー率は15%になる見込みだという。


エリクソン・ジャパン CTO 藤岡雅宣氏


黄色のグラフが5Gのカバレッジ。LTEに関しては、2022年には80%以上のカバレッジになると見込まれている

日本では2020年の商用化に向けて5Gの実証実験が進められているが、実は5Gの新しい無線方式(NR:New Radio)の標準化はまだ完了していない。今後の予定としては、2017年末までにNSA(Non-Standalone)、2018年半ばにSA(Standalone)の標準化が完了する見通しだ。


5G標準化と商用導入のロードマップ。商用サービスの線が赤色の中国は、SA(Standalone)で5Gを展開する予定

では、そのNSAとSAはどういうものか。エリクソン・ジャパンCTOの藤岡氏は次のように説明する。「NSAはLTEの広い海の中にNRの島ができるイメージで、制御信号はLTE、データ送信はNRを利用する。SAは制御信号もデータもNRで送信する」。NSAはLTEの存在を前提とするのに対し、SAは5GのNRだけで運用できる方式だ。


5Gの無線アクセス。NSA(Non-Standalone)はLTEと5GのNRが相互連携する


中国のSAはOption2。NSAには様々な接続形態があるが日本はOption3

NSAを採用する国は、商用化の時期が早い順に米国、韓国、日本など。米国はFTTH(Fiber To The Home)の代替を目的に、2017年末にもFWA(Fixed Wireless Access:固定無線アクセス)のために5Gを早期導入する見込みだ。FWAは、屋外の固定された機器間で広帯域通信を実現するもので、通信事業者の基地局と加入者宅を結んで高速なデータ通信サービスを提供する。国土が広く、日本ほどブロードバンドが普及してない米国では、FWAのニーズは高い。

他方、LTEに依存せず、5GのNRだけで動くSAを採用するのは中国だ。藤岡氏は、「チャイナモバイル(中国移動通信)の戦略としては、5Gに関して世界をリードしたいようだ。その背景には、様々なインダストリーで5Gを使おうという中国政府の考えがある」と説明。チャイナモバイルは250万の基地局を持っているそうだが、そのすべてにNRを入れていく方針だという。

なお、日本がSAではなくNSAを採用するのにはいくつか理由があるが、その1つとして5Gで利用する周波数帯が高いことが挙げられる。一般的に、低い周波数帯は回折性が強く広いエリアカバレッジに向くが、高くなればなるほど直進性が強くなりピンポイントでのカバーに向く。

「中国では3.5GHz帯という、高い周波数帯のなかでも低めのところを使い、SAで面的にカバーすることを考えている。しかし日本の場合は、NRに4.5GHz帯や28GHz帯の利用が見込まれており、面的なカバーをNRだけで作るのは難しいためLTEと組み合わせるというのが1つの理由としてある」(藤岡氏)
 

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます