企業ネットワーク最前線

IoT時代、メトロネットワークはどう革新されるか?

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.08.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インフィネラ・ジャパン
システムエンジニアリング ダイレクター
金親義一氏

通信アプリケーションの進化・多様化に伴い、メトロネットワークに新たな課題が出てきている。光伝送装置ベンダーのインフィネラは、こうした課題に応えるソリューションを発表している。

メトロネットワークは、モバイル基地局や光アクセスとコア網、およびデータセンター間をつなぐ通信網であり、コンシューマ/法人向けの様々なサービスを収容する。

IoTの本格化、そして5Gに備えるには、このメトロネットワークの高速・大容量化はもちろん、これまでにない性能と効率性が求められると話すのは、光伝送装置ベンダーのインフィネラ・ジャパンでシステムエンジニアリング担当ダイレクターを務める金親義一氏だ。「低遅延性が重要視されてきており、また、多彩なトラフィックパターンに対応できる能力も必要だ」。
環境の制約が多いメトロそして、こうした通信機能・性能以上に重要視されるのが、装置サイズと電力消費効率だ。

メトロネットワークの設備は都市部の局舎やユーザーのビル内に設置されるため、設置スペースと電力供給の問題に常に悩まされる。「通信事業者が新しいサービスを始めたくても、装置を追加・増設するスペースが足りない、新たに電源を入れらないなどの問題がつきまとう。さらにエッジコンピューティングの登場で、スペースと電力の確保はより難しくなってきている」と金親氏は話す。

こうした課題を解消するためにインフィネラが投入するのが、メトロ向け光伝送装置の新製品「XTM Ⅱ」だ。すでに3万シャーシ以上が導入されている前機種「XTM」との後方互換性を保ちつつ、その能力を大きく拡張して低遅延化、高密度化、そして電力効率の改善といったニーズに応える製品だ。

XTM Ⅱは複数のシャーシとラインカードで構成される。シャーシは、1RUサイズで最大400Gbps、3RUで最大1.6Tbps、11RUで最大4Tbpsの3タイプを用意。これらに、特徴の異なる各種のラインカードを組み合わせることで、様々なサービス要件に対応することが可能になるという。

例えば、モバイルフロントホール用カードの処理遅延は最小5n(sナノ秒)であり、低遅延な通信サービスが可能になる。IoT向けでは特に遅延要求が厳しいが、その場合「一般的なもので50ms(ミリ秒)、早くて数十msかかる」(同氏)という光伝送装置の転送遅延が足枷になる。

XTMⅡでは、伝送距離を抑えて遅延を少なくするといった柔軟な運用を可能にしており、長距離通信を行うケースが比較的少ないメトロの特性を活かして、低遅延性を優先させたサービスが実現できる。

このほか、トランスポンダとマックスポンダの2つの異なる中継方式をサポートし、伝送密度を従来比8倍に向上させた「400Gフレックスポンダ」、キャリアイーサネットやMPLS-TP、CATV、モバイルバックホール等の多様なサービスを収容するのに適したL2パケット光スイッチ「EMXP440」など複数のカードを用意している。これらのカードを組み合わせることで、ラックスペースを有効活用しながら様々なサービスを提供することが可能になる。

なお、これらのカードはすべて前機種のXTMにも導入が可能だ。

「高速化だけなら誰でもできる」そして、最大のポイントが消費電力の低さである。

「消費電力を徹底的に抑える設計にした」ことで、ギガビット当たりの電力効率を3.5倍に向上させた。金親氏によれば、競合製品のうち最も高効率なものでも100G当たりの消費電力は47Wだが、XTMⅡは27Wと、圧倒的な優位性があるという。電源の交換・追加をせずに設備を増強できるのは大きなメリットだ。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます