ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

「VR」や「MR」は社会を変革するか? ビジネス活用の現状と将来像

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2017.08.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

VR(仮想現実)にAR(拡張現実)、さらにはMR(複合現実)といったテクノロジーは、“現実”のビジネスにどのようなインパクトを与えるのでしょうか。各産業における実際の活用状況も紹介しながら、VR/AR/MRが普及した未来のビジネスについて展望します。

 
現在、VR(Virtual Reality:仮想現実)や、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)に注目が集まっています。

VRはご存知でも、「ARやMRはよく分からない」と言う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、それぞれの概要を以下に記します。

VRとは、現実に存在しない空間や、実際に存在する空間でも何らかの理由で立ち入れない空間(遠隔地、危険な場所など)を、仮想空間として再現する技術です。現在は、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を被ることにより、仮想空間に没入する手法が一般的です。

続いてAR。こちらは、現実空間の光景に、CG(コンピュータグラフィックス)やテキストなどの情報を付加して現実を拡張し、現実世界の現象を、より利用者が理解できるようにする技術です。スマートフォンやスマートグラス(透過型ヘッドセット)を利用するのが一般的です。

最後にMRとは、現実空間と仮想空間を、さらに高度に融合させる技術です。ARの進化形といえます。透過型のスマートグラスやHMDが使われます。HMD利用時には、現実空間を直接目で視るのではなく、映像として取り込んだ上で、CG映像などと合成されたものを視ることになります。

以上のようなVR関連技術について、メディアでは2016年を「VR元年」と位置付けるなど、ブームとも言える状態になっています。

著者は、今回の盛り上がりを機に、VR関連市場は大きく伸長し、社会を変え、企業や人々にとって不可欠なソリューションになる可能性が高い、と考えています。

そこで、この記事では、

1.VR関連技術が社会に不可欠なソリューションになると考えられる3つの理由

2.現在のVR関連技術の活用状況

3.将来、VR関連技術がどのように進化し、社会や人々を変革していくのか


以上について言及していきます。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

takarajoho1706
yamaha1706
sony1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代の新ビジネス創出戦略
<Part 1>5G革命の本質とは? - 主戦場は「リアル」で「シリアス」な領域へ
<Part 2>5Gで超現実の感動体験 - ポストスマホ時代のビジネスチャンス
<Part 3>人手不足も5Gが救う - AI・4K・5Gが三種の神器に

● [インタビュー]OKI 常務 坪井正志氏「“IoTのOKI”実現の準備は整った」 ●LPWA「ローラ」ネットワークの選び方 ●データセンターインターコネクト(DCI)最新動向 ● 新LPWA規格「Weightless-P」が日本上陸

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
WS変革Day2017 B

スペシャルトピックス

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます