ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

「VR」や「MR」は社会を変革するか? ビジネス活用の現状と将来像

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2017.08.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

VR(仮想現実)にAR(拡張現実)、さらにはMR(複合現実)といったテクノロジーは、“現実”のビジネスにどのようなインパクトを与えるのでしょうか。各産業における実際の活用状況も紹介しながら、VR/AR/MRが普及した未来のビジネスについて展望します。

 
現在、VR(Virtual Reality:仮想現実)や、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)に注目が集まっています。

VRはご存知でも、「ARやMRはよく分からない」と言う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、それぞれの概要を以下に記します。

VRとは、現実に存在しない空間や、実際に存在する空間でも何らかの理由で立ち入れない空間(遠隔地、危険な場所など)を、仮想空間として再現する技術です。現在は、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を被ることにより、仮想空間に没入する手法が一般的です。

続いてAR。こちらは、現実空間の光景に、CG(コンピュータグラフィックス)やテキストなどの情報を付加して現実を拡張し、現実世界の現象を、より利用者が理解できるようにする技術です。スマートフォンやスマートグラス(透過型ヘッドセット)を利用するのが一般的です。

最後にMRとは、現実空間と仮想空間を、さらに高度に融合させる技術です。ARの進化形といえます。透過型のスマートグラスやHMDが使われます。HMD利用時には、現実空間を直接目で視るのではなく、映像として取り込んだ上で、CG映像などと合成されたものを視ることになります。

以上のようなVR関連技術について、メディアでは2016年を「VR元年」と位置付けるなど、ブームとも言える状態になっています。

著者は、今回の盛り上がりを機に、VR関連市場は大きく伸長し、社会を変え、企業や人々にとって不可欠なソリューションになる可能性が高い、と考えています。

そこで、この記事では、

1.VR関連技術が社会に不可欠なソリューションになると考えられる3つの理由

2.現在のVR関連技術の活用状況

3.将来、VR関連技術がどのように進化し、社会や人々を変革していくのか


以上について言及していきます。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

necmag1712
atmark1712
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます