キーパーソンが語る

アカマイが描く「キャリアとCDNの新しい関係」

構成◎唐島明子(編集部) 2017.07.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

CDN最大手のアカマイ・テクノロジーズで、長年グローバルのキャリア向けビジネスに携わってきたマクゴーワン氏は、「この5年ほどでキャリアと新しい関係を築いている」と語る。同氏にアカマイのビジネス状況とキャリアとの新しい関係を尋ねた。


――アカマイ・テクノロジーズの現在のビジネス状況を教えてください。

マクゴーワン アカマイには3つのビジネスユニットがあります。「メディア」「ウェブ&セキュリティ」「エンタープライズ&キャリア」です。

最近はセキュリティサービスの分野が急成長していますが、アカマイが最も強いのはメディアストリーミングのソリューションで、半分弱の売上を占めています。

私たちは世界最大規模のCDN(Contents Delivery Network)を基盤に提供しており、23万台以上のCDNサーバーを世界中に分散配置しています。具体的には、大手キャリアやISPと連携しながら、彼らのネットワーク内にサーバーを置かせてもらっています。123以上の国で1350を超えるネットワークを展開中で、この超分散型のプラットフォームがアカマイの特徴です。

――アカマイにとってキャリアはどのような存在ですか。

マクゴーワン 非常に重要なパートナーです。前述のように、キャリアのネットワーク内にCDNのサーバーを置いてもらっているだけでなく、この5年ほどで新しい関係を築いています。

一例として、市場開拓も一緒にやるようになりました。キャリアはアカマイのサービスを一緒に売ってくれていますが、私たちにはない大規模な営業力を持っています。

ほかには、キャリアがエンドユーザー向けに提供する動画コンテンツ配信などのインフラとしても、アカマイのプラットフォームを利用してもらっていることも挙げられます。

米アカマイ・テクノロジーズ グローバルメディアセールス部門 シニアバイスプレジデント エド・マクゴーワン氏
米アカマイ・テクノロジーズ グローバルメディアセールス部門
シニアバイスプレジデント エド・マクゴーワン氏


――動画コンテンツ配信といえば、日本では2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

マクゴーワン 過去の推移を見ると、FIFAワールドカップでは、2010年の南アフリカ大会から2014年のブラジル大会の4年間で約10倍、オリンピックでは2012年のロンドンから2016年のリオで約6倍にトラフィックが増加しています。

今後、4K/8Kなどのストリーミングが増えることも考えると、東京オリンピックでは今までにないトラフィックが発生すると予想されます。

アカマイ社内では現在、2020年の需要予測をしながら、日本のネットワークは十分なキャパシティがあるのか、あるいはもっと増強しなければならないかなどを検討しています。また、キャリアやコンテンツプロバイダーとの関係では、ビットレートや特別な機能ニーズがあるかなど、具体的な調整を進めており、そうした話をもとに技術開発を進めています。

――グローバルでキャリアビジネスを見てきた経験をもとに、今の日本のキャリアビジネスをいかがですか。

マクゴーワン 日本は高速なネットワーク環境が整っており、そのような取り組みは非常に先進的だと感じています。

ただし、テレビ番組などをインターネットで同時配信する分野では、法規制の関係などもあり、世界と比較するとやや遅れを取っているかもしれません。しかしながら、最近は日本でもテレビとネットの同時配信が可能になる動きがあるようですし、今後は同時配信サービスが広く展開されていくと考えています。

これから動画は、インターネットの世界に移行していきます。そうしたなか、AT&Tのように自らOTTサービスを提供するのか、あるいはレガシーのIPテレビやVoD(Video on Demand)サービスを継続しながらそれを進化させるのか、選択が迫られているのではないでしょうか。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます