企業ネットワーク最前線

新技術「仮想ビーコン」が運用課題を解決!電池交換も紛失対策も不要に

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビーコン活用における最大の課題は、電池交換や紛失対策などの管理の煩雑さだ。これを解消する新技術「仮想ビーコン」が登場した。任意の空間上にバーチャルなビーコンを配置することで運用の手間を削減する。


アップルが2013年に「iBeacon」をリリースした後、O2Oソリューションとして注目が集まったビーコン。だが、期待に反して小売業では目立った成功例を生み出せなかった。

ビーコンは廉価なBLE(Bluetooth Low Energy)発信機やスマートフォンを使って、位置情報連動サービスを低コストに実現できるのが利点だ。そのため来店客のスマホにセール情報やクーポンを送信するなどの使い方が検討されたが、運用の煩雑さが普及を妨げる要因となった。

最大の課題は(1)壁や天井、商品の陳列棚などに多くのビーコン端末を設置しなければならず、設定と動作確認、電池の残量管理や交換、盗難・紛失対策等のメンテナンスに手間がかかることだ。また(2)来店客にアプリをインストールしてもらう必要があることも障害になった。これは、小売業のみならず観光や娯楽施設など一般消費者をターゲットとする領域では共通の課題となる。

このようにBtoCの利用シーンでは苦戦が続くビーコンだが、最近になって新たな用途で再び脚光を浴びつつある。従業員や機器の所在・動線管理を行う業務効率化の用途だ。スマホを持つ従業員やBLEタグを付けた人・モノの現在位置と動きを可視化したり、動態データを分析して業務効率の改善に役立てるといった使い方である。

仮想のビーコンを空間に配置業務効率化の用途であれば、前記(2)の障害は無くなる。残るは(1)の課題だが、これを解決するソリューションの提供を始めたのがユニアデックスだ。少数のビーコン端末を設置するだけで、その周辺空間に多数の「仮想ビーコン」を配置するというもの。管理画面から一括して設定管理が行えるため、手間をかけずに運用できる。

この仮想ビーコンは、シスコシステムズが今年から国内で提供を始めた「Cisco Beacon Point」を使ったものだ。Cisco Beacon Pointとは無線LANアクセスポイントのような形状の物理デバイスで、ビーム状のBLE電波を生成して、周辺の空間上に仮想ビーコンを配置することができる。天井や壁にBeacon Pointを設置し、インターネットを経由してクラウド上の管理システム「Cisco Beacon Center」に接続すれば、画面上で、施設マップ上の任意の位置に仮想ビーコンを配置したり移動したりすることが可能だ。


ユニアデックスのネットワークソリューション統括部・次世代技術推進部1課 課長
片澤友浩氏


多数の物理ビーコンを設置するのとは異なり、現場での設定や変更作業は不要。加えて、盗難や紛失の心配もなく、電池残量を気にする必要もない。ユニアデックスの片澤友浩氏は「Beacon Pointを取り付けてLANからクラウドにつなげるだけでよい。仮想化することで運用管理の課題が解決できる」と話す。

シスコによれば、Beacon Pointの推奨密度は約230㎡当たり1台で、かなり広範囲に仮想ビーコンを配置することが可能だ。1台で8個の仮想ビーコンを生成することができる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

takarajoho1706
yamaha1706
sony1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます