キーパーソンが語る

NTTコムのネットワーク戦略「デジタル変革は飛躍のチャンス。コト売りへ自ら転換」

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

あらゆる産業でビジネスのデジタル化が進むなかユーザー企業の取り組みを支援する通信事業者にはどのような役割が求められるのだろうか。NTTコミュニケーションズでネットワークサービス部長を務める大井貴氏(取材当時。現NTTビズリンク代表取締役社長)は、「我々自身もトランスフォームすべき時期に来ている」と話す。デジタル時代におけるICTプロバイダーのあるべき姿について聞いた。


――ソフトウェアデファインド(SD)技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献する「SDx+M」ソリューションの本格提供を始めました。その背景として、まず、企業ICTの状況をどのように見ているかを聞かせてください。

大井 我々もお客様も事業そのものをトランスフォームする時期に来ています。ITが果たす役割が変わり、企業のIT部門はビジネスに直接貢献することを求められています。

トランスフォームの1つとしてわかりやすいのがグローバル化です。

グローバル化の必要性は言われて久しいですが、その意味が変わってきました。最初は生産拠点を海外に移す、その次は商品を売る市場として海外を見る時代でした。しかし今は、海外の事業や技術、商品自体を国内外に関係なく、グローバルの力を結集していかなくては競争できない時代に時代になっています。

そうなった要因は、やはりビジネスが“モノ売り”から“コト売り”へ変わったことにあります。コト売りとはソフト、つまりデータを売ることです。情報をうまくつなげたり使ったりして、それをいかにコトとして売るかというふうにビジネスの中身が変わってしまったわけです。

コト売りにおいてITは中核としての役割を期待されます。つまり、今までの“社内向けIT”ではなく、外にどう売るのかという役割です。IT部門にとっては文化を変えることであり、これは容易ではありません。

大井貴氏


――そうした転換に貢献するためには、御社もコト売りにトランスフォームしなければならないと。

大井 売る相手、売る中身が変わっているのですから、我々自身もコト売りに転換しなければなりません。

そして、もう1つ大きな変化があります。ネットワークの使い方と役割も変化してきていることです。

従来モノとくっついていた情報を分離してクラウドに集める。あるいは、人が効率的に連携して働くため、これまで拠点の中に閉じ込められていた情報もクラウドに上げて共有する─。このようにクラウドに情報がどんどん集まるようになると、これをつなぐネットワークの重要性が増すとともに、その使い方も変わってきます。

最大の変化は、インターネットをもっと活用したいというニーズが増していることです。

その目的や使い方は様々で、安く広帯域な回線としてインターネットを使いたいケースもあれば、Office 365やAWS等のパブリッククラウドを使うためにインターネットを必要とするケースもあります。また、インターネットのトラフィックが増えてMPLSのWAN帯域を圧迫することを防ぐため、拠点からブレイクアウトしてトラフィックを分散させる使い方もあります。

ただ、接続先が複数のクラウドに広がり出口も増えれば、当然セキュリティのリスクが増大します。結果的に、セキュリティ対策のための機器が増えて運用が大変になるという状況になってきています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

大井貴(おおい・たかし)氏

1986年東京大学大学院修了、同年日本電信電話公社入社。1991年にボストン大学院にてMBAを取得、1997年NTTアメリカ副社長を経て、2001年帰国以降はNTTコミュニケーションズのグローバルネットワークサービスの企画・開発に従事。2013年秋、同社が米国大手ネットワーク事業者Virtela Technology Servicesの株式取得を発表したと同時に事業統合を推進するタスクフォースを発足、タスクフォース長を担務。2014年6月、NTTコミュニケーションズの取締役・ネットワークサービス部長に就任

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
logicool1709
yamaha1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます