ニュース

NTTドコモが「AIエージェントAPI」を開発――オープン化でパートナー開拓

文◎村上麻里子(編集部) 2017.06.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2017年6月23日、AIエージェントを実現する基盤の中核となる「AIエージェントAPI」を開発したと発表した。

同社は中期戦略2020「beyond宣言」の中で、顧客のライフスタイルを革新する新たなAIエージェントの提供を掲げている。AIエージェントAPIは、その構築のための基本システムであり、NTTグループのAI「corevo」に含まれる先読みエンジンと多目的対話エンジン、そしてIoTアクセス制御エンジンで構成される。

 
 「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」の概要

1つめの先読みエンジンは、行動分析技術により、対話を通じて顧客を理解し、一人ひとりに合わせた情報を適切なタイミングで提供することができる仕組み。2つめの多目的対話エンジンは、しゃべってコンシェルで培った自然言語処理技術の活用により、自然な対話を通じたサービスの提供を可能にする。3つめのIoTアクセス制御エンジンは、OMA(Open Mobile Alliance)で標準化されたデバイスWebAPIの利用により、異なる通信規格のIoT機器のインターフェースを共通化し、簡単に制御することができる。

 
 「AIエージェント」利用イメージ

具体的なサービスとして、①AIエージェントとの自然な対話による家電の制御、②AIエージェントが次の行動を先読みし、宅配サービスの配達時間を変更する、③複数のAIエージェントキャラクターがそれぞれの得意分野を案内する、といったことが考えられるという。

 
 デバイスWebAPIを使い、音声による家電機器の制御を実現する

AIエージェントAPIの特徴が、場面ごとに適切なAIエージェントが対応することだ。顧客に常に寄り沿う「メインエージェント」が対応できない機能やサービスについては、それぞれの専門知識を持った「エキスパートエージェント」が連携し、対応する。ちなみに、エキスパートエージェントは、サービス提供事業者がキャラクターや対話の内容、声をデザインすることができる。

ドコモはAIエージェントAPIを外部に開放する「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を推進する。代表取締役副社長の中山俊樹氏は「サービスにもデバイスにもオープンにすることで、パートナー企業と一緒になってAIエージェントを広げていきたい」と抱負を語った。

すでにインテル、高島屋、カカクコム(食べログ)がパートナーとして賛同を示している。インテルはデバイスの技術パートナーとして、AIエージェントAPIを活用したスマートスピーカーのリファレンスデザインを提供する。dポイントやdカードでドコモと連携している高島屋は、新しいおもてなしサービスへの貢献に期待を寄せる。また食べログは、80万店舗、2000万件の口コミからAIによって最適な店舗の情報を提供することを検討している。

 
 (左から)高島屋常務取締役営業推進部長の髙山俊三氏、NTTドコモ代表取締役副社長の中山俊樹氏、インテル代表取締役社長の江田麻季子氏、カカクコム取締役(食べログ担当)の村上敦浩氏

ドコモでは7月にパートナー向けイベントを開催、今秋にはトライアルサービスを提供する。18年にはAIエージェントAPIを利用した新たなサービスの開始を予定している。

スペシャルトピックスPR

ibm1708
logicool1709
yamaha1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます