ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【LoRaパビリオン】サーキットデザインは「429MHz」「150MHz」のLoRaを提案

文◎唐島明子(編集部) 2017.05.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「LoRa」と言うと、「920MHz帯のLoRaWAN」を思い浮かべる人は多いだろう。しかし、LoRaはあくまで変調方式で、920MHz帯以外のLoRaネットワークも存在する。長野県に本社があるサーキットデザインは、「429MHz帯と150MHz帯のLoRa」を展示ブースで提案している。それぞれ、どのような特徴があるのか?


LoRaパビリオンでは、標準化団体LoRaアライアンスによる「920MHz帯のLoRaWAN」を展示する企業が多いなか、独自プロトコルの「429MHz帯/150MHz帯のLoRa」を展示しているのは、1974年設立のサーキットデザインだ。

まず、「429MHz帯のLoRa」は、ブース説明員によれば、「920MHz帯より低い周波数帯のため、電波がよく回り込む。データスピードは遅いがメリットも大きい」という。


「429MHz帯のLoRa」のパネル

送信できるデータ量は最大256バイトだが、フルに256バイト送ろうとすると、送信時間が長くなってしまう。そのため、やはりセンサーなどの少量データを送信するために利用するのが適しているそうだ。

利用シーンとしては、マンホール内のセンシングデータを取得することなどを同社は想定している。「マンホールの隙間などから電波がにじむ」ようなイメージで429MHzならではの回折性が威力を発揮し、電波がマンホール内にも届く。サーキットデザインは、429MHz帯のLoRa用通信モジュールを2017年6月から提供する予定だという。

次に、「150MHz帯のLoRa」は、サーキットデザインが現在開発中のシステムだ。


「150MHz帯のLoRa」のパネル

150MHz帯は電波法上、動物の生態調査用に割り当てられた周波数帯だ。例えば、サルの生態調査をする際、サルに首輪を取り付けたりする。その首輪に、GPSと150MHz帯の通信機能を取り付けて、サルがどのあたりにいるかなどを可視化していた。

しかし、「最近になり、人間にも使っていいことになった。人間であれば、例えば登山者の位置情報の把握に使えるのではないかと考えている」(説明員)という。


登山者に持たせるデバイスの試作機

150MHz帯は、429MHz帯と比較して回り込む特性がさらに強まるほか、出力できるパワーがアップする。429MHz帯は10mWであるのに対し、150MHz帯は最大1Wまで出力可能。そのため、1つの基地局あたりのカバレッジは広くなり、山全体をカバーすることができる。

同社は今後の商用化に向けて、準備を進めているという。

スペシャルトピックスPR

yamaha1706
sony1706
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます