ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【LoRaパビリオン】サーキットデザインは「429MHz」「150MHz」のLoRaを提案

文◎唐島明子(編集部) 2017.05.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「LoRa」と言うと、「920MHz帯のLoRaWAN」を思い浮かべる人は多いだろう。しかし、LoRaはあくまで変調方式で、920MHz帯以外のLoRaネットワークも存在する。長野県に本社があるサーキットデザインは、「429MHz帯と150MHz帯のLoRa」を展示ブースで提案している。それぞれ、どのような特徴があるのか?


LoRaパビリオンでは、標準化団体LoRaアライアンスによる「920MHz帯のLoRaWAN」を展示する企業が多いなか、独自プロトコルの「429MHz帯/150MHz帯のLoRa」を展示しているのは、1974年設立のサーキットデザインだ。

まず、「429MHz帯のLoRa」は、ブース説明員によれば、「920MHz帯より低い周波数帯のため、電波がよく回り込む。データスピードは遅いがメリットも大きい」という。


「429MHz帯のLoRa」のパネル

送信できるデータ量は最大256バイトだが、フルに256バイト送ろうとすると、送信時間が長くなってしまう。そのため、やはりセンサーなどの少量データを送信するために利用するのが適しているそうだ。

利用シーンとしては、マンホール内のセンシングデータを取得することなどを同社は想定している。「マンホールの隙間などから電波がにじむ」ようなイメージで429MHzならではの回折性が威力を発揮し、電波がマンホール内にも届く。サーキットデザインは、429MHz帯のLoRa用通信モジュールを2017年6月から提供する予定だという。

次に、「150MHz帯のLoRa」は、サーキットデザインが現在開発中のシステムだ。


「150MHz帯のLoRa」のパネル

150MHz帯は電波法上、動物の生態調査用に割り当てられた周波数帯だ。例えば、サルの生態調査をする際、サルに首輪を取り付けたりする。その首輪に、GPSと150MHz帯の通信機能を取り付けて、サルがどのあたりにいるかなどを可視化していた。

しかし、「最近になり、人間にも使っていいことになった。人間であれば、例えば登山者の位置情報の把握に使えるのではないかと考えている」(説明員)という。


登山者に持たせるデバイスの試作機

150MHz帯は、429MHz帯と比較して回り込む特性がさらに強まるほか、出力できるパワーがアップする。429MHz帯は10mWであるのに対し、150MHz帯は最大1Wまで出力可能。そのため、1つの基地局あたりのカバレッジは広くなり、山全体をカバーすることができる。

同社は今後の商用化に向けて、準備を進めているという。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます