ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【LoRaパビリオン】NTT西の展示、LoRaWANのクラスB通信は「実用化レベルにある」

文◎唐島明子(編集部) 2017.05.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRaWANパビリオンの一角にあるNTT西日本のブースでは、日本初だというLoRaWANの「クラスB」による実証実験を紹介している。検証の結果「実用化できるレベルであることを確認した」そうだ。


LoRaWANには、クラスA/B/Cの3種類があるが、昨年から日本で盛んに行われている実証実験は、LoRaWANのクラスA通信によるものだ。そのクラスAは、デバイス起点の通信であり、デバイスからサーバーへのデータ送信が中心となる。そのため、サーバー起点の通信が必要になるデバイスの遠隔制御では難があった。

そうしたなか、数多くのパートナー企業からサーバーから端末への通信に対応してほしいという声がNTT西日本に集まっていたという。そこで同社は、サーバー起点の通信ができる「クラスB」の実証実験に着手したというわけだ。

実証実験は大阪ガス、沖電気(OKI)と実施。その実験の構成イメージが次の写真だ。

NTT西日本によるクラスB通信の実証実験の構成イメージ。下りがクラスBで、上りはクラスAを利用。検針情報収集システムがOKIの端末(いわゆるセンサーなどのエンドデバイスのイメージ)にテスト用ガスメーターのデータがほしいとリクエストを出すと、OKIの端末はテスト用ガスメーターの値を取得して、それを検針情報収集システムに返す

実験で想定したフィールドは、「ガスメーターの遠隔検針」。実験ではサーバー側からデバイスへの通信にはクラスBを、デバイスか側からサーバーへの通信にはクラスAを利用し、問題なく遠隔制御できたという。

今後の利用シーンとしては、例えば災害時など、各家庭に設置してあるガスメーターのステータスを遠隔制御で集め、災害復旧に役立てることなどが考えられているそうだ。


クラスBの利用シーンとして災害時の活用が考えられるという

ブース説明員によれば、まだ商用化のスケジュールなどは明らかではないようだが、LoRaWANの用途を広げるクラスBにも期待が高まる。


NTT西日本が直接提供するものではないが、LoRaWANの通信モジュールを搭載したエンドデバイスやゲートウェイ(基地局)などのLoRaWAN関連デバイスも展示している

 

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
openstack2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます