ニュース

NTTドコモが新サービス・新商品発表会ーー5Gへの取組みも紹介

文◎村上麻里子(編集部) 2017.05.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2017年5月24日、新サービス・新製品発表会を開催した。

「Challenge」をテーマに、夏モデルの新商品8機種をはじめ、その中の特定の2機種を購入すると利用期間中は毎月1500円が割引される新料金プラン「docomo with」などが発表された。

また、Challengeの1つとして、5G(第5世代移動通信)への取組みも紹介した。

ドコモは5Gにおいて、さまざまなパートナー企業との連携による新サービス創出に向けた「5Gトライアルサイト」を推進している。

その一環として、フジテレビとともに「ジオスタ」の検証を行う。

ジオスタとは、ジオラマ上にARでスポーツ選手を合成し、投影された映像を楽しめるコンテンツのこと。競技場やディスプレイでは体験できない視点で試合を観戦することが可能だ。このジオスタは、5月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催される「Wireless Technology Park 2017」内の「5G Tokyo Bay Summit 2017」で先行体験できる。

 
 「ジオスタ」のイメージ

また、8月に開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」では、3Dスキャナで撮影した自らの映像をスマートフォンを通じて、ステージ上で共演しているかのような映像として楽しめるコンテンツの検証も予定している。

パナソニックとは、5Gによる高臨場・高精細映像の伝送に関する実証実験を行う。コンサート会場やスタジアムの様子を360度カメラを使って撮影し、その大容量映像を5Gで伝送することで、遠く離れた場所でもあたかもそこにいるかのような高臨場感を体験することができるという。

発表会の会場では、自由視点映像のリアルタイム配信とVR技術を組み合わせたデモも披露された。

 
 会場では5Gを使った自由視点映像のリアルタイム配信とVR体験のデモも行われた

吉澤和弘社長は「5Gによる新しい体験を時間や場所に制限されず、誰もが楽しめるようにしたい。2020年を見据えて、5Gの取組みを加速していく」としている。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます