ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

「サービス共創」でパートナー企業を支援するNTTコムーーIoTビジネスモデルのヒントを展示

文◎村上麻里子(編集部) 2017.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズは、「サービス共創」をコンセプトに、ネットワークとコンサルティングの提供を通じてIoTサービス提供事業者のビジネスを支援している。同社のブースには、そうしたパートナー企業の展示が目白押しだ。

NTTコミュニケーションズは、「Arcstar Universal Oneモバイル」など高品質なネットワークとコンサルティングを通じて、「BtoBtoX」の「ミドルB」のIoTビジネスを支援している。

同社のブースの中央で目を引くのが、富士機械製造の宅配ロッカー「Quist」だ。

 
 「Quist」は宅配サービスにおける再配達をなくすことができるので、配送業における人手不足対策としても期待が集まる

注文を受けた商品を配達員がQuistに配達・保管し、注文者に「配達完了メール」を送信する。注文者はメールのQRコードを使って商品を受け取る。双方ともスマートフォンをかざしたりバーコードを読み取るなど、簡単な操作方法で行えるのが特徴だ。また、全天候型なので屋内だけでなく、屋外にも設置することができる。

ネットスーパーで購入した商品の受け取りのほか、日本郵便の受取ロッカー「はこぽす」として、JR東日本の東所沢駅や荻窪駅などに設置されているという。

メカトラックスは、ラズベリーパイ(ラズパイ)を使ったIoTスターターキット「anyPi」を出展している。

 
 「anyPi」は、わずか3分でインターネットに接続されたラズパイをセットアップできる

「インターネット接続環境がない」「セキュリティ上許可されない」など制約のある環境でも、わずか4ステップ、時間にして3分ほどでネットに接続されたラズパイをセットアップ可能。センサーやクラウドと組み合わせることで簡単にIoTシステムを構築できる。

今年1月にキット化して以降、「大学の研究機関や大手企業などが設備監視や農業IoTの実証実験に活用している」(代表取締役の永里壮一氏)という。

「Bsize BoT(以下BoT)」シリーズは、「インターネットロボット(bot)」と「モノのインターネット(IoT)」を掛け合わせたもので、センサーと通信回線、クラウド、アプリまでをオールインワンで提供する。AIを使って情報を分析し、クラウドで管理することで、普段と違う状況を検知するとマートフォンのアプリを通じて管理者に通知したり、解決方法を提案する。

 
 「GPS BoT」はGPSを搭載しているので、高齢者や子供が身に付ければ、家族は現在地をスマホのアプリで確認することが可能だ

4月に発売した「GPS BoT」はGPSセンサーを搭載しており、高齢者や子供の見守りなどの用途に適している。

今後はビーコンを搭載したタイプや人感センサーを搭載したタイプの提供に加えて、グリーバル展開も視野に入れているという。

ところで、Arcstar Universal Oneモバイルも今夏に機能強化を予定している。

1つ目に、APIやポータルサイトを通じて、顧客がダイレクトに回線の追加/廃止、アクティベート、料金コースの変更などを行えるようになる。これによりビジネススピードに合わせてSIMカードを管理することができ、BtoBtoXの「ミドルB」の利便性が向上する。

2つ目がフィルタリング機能で、通信先のサーバーやクラウドをIPレベルで制御したり、SIM間通信の制御が可能になるという。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます