ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

「SIGFOXがIoTの常識を変える」、KCCS黒瀬社長が基調講演

文◎太田智晴(編集部) 2017.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

京セラコミュニケーションシステム
代表取締役社長 黒瀬善仁氏

年額100円から利用可能なIoT向け通信サービス「SIGFOX」。2023年には年間1兆個のセンサーが出荷されるという予想があるが、こうした大量のセンサーをIoT化する重要な役割をSIGFOXが担うと、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の黒瀬善仁社長はアピールした。

 

「新聞でも、IoTの記事を見ない日がないくらいだ。しかし、騒がれているわりには大したことがないと思われている方もいるのではないか」。こんな話から講演を始めた京セラコミュニケーションシステム(KCCS) 代表取締役社長の黒瀬善仁氏。世の中の期待通りに、IoTが普及していないことを示す証拠も見せた。

総務省の情報通信白書は、2020年の世界のIoTデバイス数について、2015年に530億台と予想していた。しかし、2016年の情報通信白書では、304億台に下方修正されている。

情報通信白書のIoT市場予測
情報通信白書のIoT市場予測。1年でIoTデバイス数が大幅に減少した


一体なぜか。「開発費や通信費がかさむのがネックになっており、今のIoTは氷山の一角にとどまっている」と黒瀬氏は指摘した。

海の中に隠れた、すなわち、まだIoT化されていないデバイスがネットワークにつながるようになれば、いよいよIoT時代の本格到来となるが、なかでも「カギになる」とされたのはセンサーである。

今のIoTは氷山の一角
今のIoTは氷山の一角


黒瀬氏は、2023年には毎年1兆個のセンサーが出荷される時代が到来すると予測した「トリリオン・センサー・ユニバース」という構想を紹介。そのうえで、「今まで漠としか把握されていなかったものが、手に取るように分かる時代がやってくる」とした。

「なぜ雨量や水位がピンポイントで分からず、洪水を予測できないのか。現状は大型河川を中心に、まばらにしか設置されていないからだ。これまでのIoT通信は、必ず月額数百円以上の通信費がかかる」

こうした現在の常識に大きな変化をもたらすのが、KCCSが今年2月から始めたIoT向け通信サービス「SIGFOX」だという。100万回線以上・1日の通信が2回以下という条件であれば、年額100円からの通信費で利用できる。

「これだけ低コストになれば、今までコストの問題でネットワークにつなげられなかったモノがつなげられるようになる。ちなみに私どもで最も多く想定しているケースは、1日の通信回数が50回以下で、契約台数が数万台。この場合は、だいたい年額で数百円の真ん中を想定している」

SIGFOXの概要
SIGFOXの概要


SIGFOXの下りサービスも秋以降にスタート?!SIGFOXは、データレートは低速ながら、低消費電力と広いエリアカバレッジを特徴としたLPWAの一種である。代表的なLPWA技術としては他にLoRaやNB-IoTなどがあるが、黒瀬氏は「用途によって棲み分けがなされると考えている」と説明したうえで、SIGFOXの技術的特長をアピールした。

SIGFOXとNB-IoTのポジションの違い
SIGFOXとNB-IoTのポジションの違い


まず強調されたのは、「きわめてロースペック」なことだ。通信速度は100bpsと、LPWAの中でも低いが、「これがコストに効いてくる」。通信料金については前述の通りだが、無線チップも1.5ドル程度で発売されている。このため、温湿度や加速度などのセンサーには最適だという。

1基地局当たりの同時接続デバイス数も多い。SIGFOXが利用する920MHz帯の1チャネルは200kHz幅あるが、SIGFOXが1つの通信で使うのは100Hzに過ぎないため、同時に300デバイスが接続できるという。再送制御についても上位のアプリケーションで行う必要はなく、ネットワーク側で実施される。また、SIGFOXの通信に必要な狭帯域の電波だけを受信できればいいので、隣り合う電波との干渉にも強いそうだ。

加えて、SIGFOXのネットワークは、国内ではKCCSが統一的に提供しているため、「ゲートウェイの互換性の問題に悩まされることはない」。しかも、SIGFOXは2018年3月までに世界60カ国で提供される予定で、世界中どこに移動しても同じIDで利用できる。

「まさにウルトラナローバンド、グローバルワンがSIGFOXの強みだ」

SIGFOXの国内エリア展開計画 
SIGFOXの国内エリア展開計画


一方、弱みとよく指摘されるのが、上り通信にしか利用できないことだ。しかし、黒瀬氏は「これは仕様の問題ではなく、国内の法制度の問題。他国では下りも提供されている。日本でも早ければ秋以降、下り通信が可能になるのでは、と期待している」と説明した。

「下りサービスを利用することで、気温や湿度、土壌水分などの情報をもとに、スプリンクラーを回すといった制御も可能になる」

SIGFOXの下りサービスの概要 
SIGFOXの下りサービスの概要


このようにネットワークにつながったセンサーの情報を活用し、世界中の状況をピンポイントで可視化したり、リアルタイムに制御することが可能になるのが、これからやってくる未来だ。

「世の中、ビッグデータ時代と言われているが、そのためには安価にビッグデータを収集する仕組みが欠かせない。それがSIGFOXだ」と黒瀬氏は講演を締めくくった。

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます