ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

「LoRaはすべてに対する解決策ではない」、LoRa Allianceのステュービング氏

文◎太田智晴(編集部) 2017.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRa Allianceの幹部であるギャリー・ステュービング氏が、ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017の基調講演に登壇した。同氏はLoRaの最新動向を紹介するとともに、「LoRa、SIGFOX、5Gなど、現実には多くの技術がIoTの世界を支えていく」との見解を示した。

 

IoTの世界で今、最も注目を集めるテクノロジーの1つであるLPWA。SIGFOXとともに、そのリーダー的存在といえるのがLoRaだ。


「LoRaはどこで運用されているのか。すでに39のオペレーターが公式に展開しているほか、250以上のトライアルや都市での展開も行なわれている。また現在、LoRa Allianceには465くらいのメンバーがいる。なぜこれが大事なのか。いろいろなデバイスが作られていくためには、非常に活発なエコシステムが必要だからだ」

LoRaの展開状況 
LoRaの展開状況。黄色が正式アナウンス済みの国・地域、オレンジがそれ以外


「IoTネットワークの未来に向けたロードマップ・LoRaがもたらす新しいIoTの世界」と題して講演したLoRa Allianceのギャリー・ステュービング氏は、LoRaの現状をこのように紹介した。

LoRa Alliance Tresurerのギャリー・ステュービング(Gary Stuebing)氏
LoRa Alliance Tresurerのギャリー・ステュービング(Gary Stuebing)氏。所属するしシスコシステムズでは、IoT Standards Manager, Office of the CTAOを務める



LoRaによる位置情報サービスに高い関心低消費電力や広いエリアカバレッジ、低コストの通信モジュールを特徴とするLPWAは、LoRaだけではない。では、「LoRaは何が特徴的なのか。セキュリティに非常に時間をかけて取り組んでいる」と説明した。

「我々が得意のもの」として、もう1つ強調したのがジオロケーションサービスである。「スイスでは、牛にLoRaデバイスを付けた事例があるが、牛がどこに行ったのか、その位置情報を割り出すことができる」

位置情報の精度は、ルーラル地域で20から50メートルの誤差、都市部で120から200メートルの誤差だという。

「そのデバイスが今どこにあるかを追跡できるジオロケーションへの関心は最近、非常に高まっている。ゲートウェイの数が増えれば、精度も上がる」

LoRaのジオロケーションサービスの概略
LoRaのジオロケーションサービスの概略

大事なのはLPWAで何を達成したいかこのようにLoRaの特徴をアピールしたステュービング氏だが、一方でこうも話した。

「よく聞かれるのは、『LoRa、SIGFOX、5Gなど、たくさんの技術があるが、どれを使えばいいのか』という質問だ。しかし、大事なのは、自分たちが何を達成したいのか。現実問題として、それぞれに適した使い方があるわけで、そこを見極めていくことが大切だ」

さらに、非常に多くのユースケースがあるIoTにとって、「たくさんの技術が台頭していることは良いこと」としたうえで、「LoRaは非常に素晴らしい技術だが、LoRaがすべての問題を解決するとは考えないでほしい」と語った。

スペシャルトピックスPR

sony1706
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます