ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2017年5月24日に東京ビッグサイトで開幕した「ワイヤレスジャパン2017」「ワイヤレスIoT EXPO 2017」(会期:26日まで)では、多種多彩なIoT関連ソリューションが展示されている。その1つ、NTT東日本ブースで紹介されているのが「レディメイド型IoT」だ。センサー、通信回線、Wi-Fi、そしてデータ解析・表示用のアプリケーションまでをセット提供するもので、IT/通信分野のノウハウがないユーザーでも手間なく導入できるという。


NTT東日本の「レディメイド型IoT」は、同社の光回線とクラウド型Wi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」をベースに、他社のセンサーデバイスやデータ解析用アプリをパッケージ型で提供するものだ。すでに複数のトライアルを実施しており、「農業向け」「畜産業向け」など分野ごとに特化したソリューションを2017年内に提供開始する予定という。


NTT東日本の光回線・Wi-Fiと他社のセンサー/サービスをパッケージ型で提供する


展示ブースで紹介されていたのは、山梨県北杜市で実証実験中の農業IoTのトライアルだ。農産物の生産・販売を行うサラダボウル(山梨県中央市、田中進社長)、トマトの生産・販売を行うアグリビジョンと共同で行っているもので、ディープラーニングによる映像データ解析によってトマトの収穫量予測と農作業者の生産活動の可視化を行っている。

仕組みは次のようなものだ。

台車に設置したカメラで栽培中のトマトの映像を自動的に撮影し、これをWi-Fi経由でクラウドにアップロードして画像解析を行う。形状や色から収穫可能なトマトを識別して、収量予測を栽培責任者に通知。これにより、農作業者の稼働を削減したり、出荷数の正確な予測が可能になるという。



トマトの画像を自動的に収集・解析。形状や色を分析して、収穫期に達したトマトを識別する


説明員によれば、「経験の少ない作業者でも効率的に収穫が行えるようにする」ことが目的の1つで、これまで経験や勘に頼っていた農作業の敷居を下げることにもつながる可能性がある。

もう1つ、肉用牛の転倒事故検知にも活用している。

ある畜産農家で行っているトライアルでは、牛舎にカメラとモーションセンサーを設置。牛がおかしな動きをしていることを検知すると管理者にメールで通知され、牛舎にいかなくても手元のタブレット端末で牛舎内の様子を確認できるようにした。



牛舎内の様子を遠隔から映像で確認できる


肉用牛には大量の飼料を与えるため、太りすぎで転倒する恐れが高く、気づかないまま放置すると多大な損害につながる。これまでは監視カメラで人が常時監視していたが、上記の仕組みによって作業負荷が大幅に軽減されるわけだ。

NTT東日本では、これら農業や畜産業にとどまらず、企業や自治体向けの多様なパッケージ型IoTを今後開発していく考えだ。

スペシャルトピックスPR

recomot1705
qloog1705
macnica1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます