ニュース

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.05.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2017年5月24日に東京ビッグサイトで開幕した「ワイヤレスジャパン2017」「ワイヤレスIoT EXPO 2017」(会期:26日まで)では、多種多彩なIoT関連ソリューションが展示されている。その1つ、NTT東日本ブースで紹介されているのが「レディメイド型IoT」だ。センサー、通信回線、Wi-Fi、そしてデータ解析・表示用のアプリケーションまでをセット提供するもので、IT/通信分野のノウハウがないユーザーでも手間なく導入できるという。


NTT東日本の「レディメイド型IoT」は、同社の光回線とクラウド型Wi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」をベースに、他社のセンサーデバイスやデータ解析用アプリをパッケージ型で提供するものだ。すでに複数のトライアルを実施しており、「農業向け」「畜産業向け」など分野ごとに特化したソリューションを2017年内に提供開始する予定という。


NTT東日本の光回線・Wi-Fiと他社のセンサー/サービスをパッケージ型で提供する


展示ブースで紹介されていたのは、山梨県北杜市で実証実験中の農業IoTのトライアルだ。農産物の生産・販売を行うサラダボウル(山梨県中央市、田中進社長)、トマトの生産・販売を行うアグリビジョンと共同で行っているもので、ディープラーニングによる映像データ解析によってトマトの収穫量予測と農作業者の生産活動の可視化を行っている。

仕組みは次のようなものだ。

台車に設置したカメラで栽培中のトマトの映像を自動的に撮影し、これをWi-Fi経由でクラウドにアップロードして画像解析を行う。形状や色から収穫可能なトマトを識別して、収量予測を栽培責任者に通知。これにより、農作業者の稼働を削減したり、出荷数の正確な予測が可能になるという。



トマトの画像を自動的に収集・解析。形状や色を分析して、収穫期に達したトマトを識別する


説明員によれば、「経験の少ない作業者でも効率的に収穫が行えるようにする」ことが目的の1つで、これまで経験や勘に頼っていた農作業の敷居を下げることにもつながる可能性がある。

もう1つ、肉用牛の転倒事故検知にも活用している。

ある畜産農家で行っているトライアルでは、牛舎にカメラとモーションセンサーを設置。牛がおかしな動きをしていることを検知すると管理者にメールで通知され、牛舎にいかなくても手元のタブレット端末で牛舎内の様子を確認できるようにした。



牛舎内の様子を遠隔から映像で確認できる


肉用牛には大量の飼料を与えるため、太りすぎで転倒する恐れが高く、気づかないまま放置すると多大な損害につながる。これまでは監視カメラで人が常時監視していたが、上記の仕組みによって作業負荷が大幅に軽減されるわけだ。

NTT東日本では、これら農業や畜産業にとどまらず、企業や自治体向けの多様なパッケージ型IoTを今後開発していく考えだ。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます