企業ネットワーク最前線

IoTで脱・ブラック職場――違法な時間外労働と健康被害を撲滅

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.05.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

長時間労働や劣悪な就労環境に起因する健康被害が社会問題化するなか、IoTを活用して解決を図ろうとする取り組みが始まった。人材の有効活用、生産性向上にもつながるものとして注目が集まっている。

 
長時間労働が疑われる1万超の事業場に対して厚生労働省が2016年度上期に行った調査では、43.9%の事業場で違法な時間外労働が確認されたという。そのうち「過労死ライン」とされる月80時間超の残業が認められた事業場は78.1%にも上った。

また「過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導した」事業場は86.3%。「労働時間の把握方法が不適性なために指導した」ものは69.8%に及んでいる。社員に犠牲を強いる経営がはびこっていることを示す数字だ。

IoTで「現場の実態」を把握社員の健康と安全を守ることは経営者の責務であるとともに、人材の有効活用と労働生産性の向上にもつながる。「ニッポン一億総活躍プラン」においても長時間労働の是正が「働き方改革」に関する施策として盛り込まれており、各業界でも改善に向けた具体的な動きが出てきた。

3月11日には、春闘交渉中の電機業界大手の労使が協調して長時間労働是正に取り組むと発表。「長時間労働は企業の生産性や業績にも悪影響を及ぼす」との見解を明確に示した。また、日本経済新聞社が行った調査では、上場企業301社の7割超が長時間労働の是正を働き方改革の最優先課題に挙げているという。

いわゆる“ブラック職場”が社会問題化しているが、これを生み出す大きな要因は、違法な時間外労働と健康障害・事故である。危険性の高い業務におけるリスク対策が十分でないために健康を害したり、事故が発生するケースも後を絶たない。

これを解決するには、まず現場の実態を正確に把握することが不可欠だ。主観や作為が入り込まない正確なデータで状態を可視化することが鍵になる。

IoTはその助けとなる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます