キーパーソンが語る

ジュニパー古屋社長「IoT時代を“ネットワーク自動化”で支える」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2017.05.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ジュニパーネットワークス
代表取締役社長 古屋知弘氏

クラウド化の進展、ホワイトボックススイッチの台頭、国内通信事業者の投資抑制など、様々な動きがネットワーク業界の勢力図に変革をもたらすなか、ジュニパーネットワークスが堅調に業績を伸ばしている。これから本格化するIoT時代に向けては「Self-Driving Networks」というビジョンを掲げ、AIの研究開発にも注力する同社日本法人の古屋知弘社長に話を聞いた。


――ネットワーク業界の歴史を振り返ると、様々な浮き沈みもありましたが、そうしたなか長年にわたりトップベンダーの一角を担ってきたのがジュニパーネットワークスです。最近のビジネスの状況はいかがですか。

古屋 ジュニパーは昨年20周年を迎えましたが、2016年は設立以来、最も好調な年でした。2016年のワールドワイドでの売上は約50億ドル。実はこの5年間、売上はずっと右肩上がりで成長しており、2012年と比較すると約6億ドルも売上は増えています。

営業利益率もかなり堅調で、2012年に15.6%だった営業利益率が、2016年は23.4%まで伸びています。

――日本の製造業からすると、驚くような営業利益率ですね。国内でのビジネスの状況はどうですか。

古屋 国内についても、2年ほど前から順調にビジネスが拡大しています。具体的な数字は言えませんが、成長市場であるAPACのビジネスを最も牽引しているのが日本です。

――グローバル、国内ともに好調ということですが、何が要因ですか。

古屋 好調の背景には、2014年11月にCEOに就任したラミ・ラヒムが打ち出した戦略があります。

ジュニパーは元々ルーター、スイッチ、セキュリティの3分野に特化してきたベンダーですが、ラミがCEOに就任した当時は、多様なソリューションにポートフォリオが広がっていました。例えば、無線LANアクセスポイントやエンドポイントセキュリティなども提供していました。

しかし、ラミが「ネットワークベンダーとしてのフォーカスをもう一度見直そう」と、ルーター、スイッチ、セキュリティの3分野に再度フォーカスすることに決めたのです。これが功を奏して、売上が回復してきたという背景があります。

ジュニパーネットワークス 代表取締役社長 古屋知弘氏


――ライバルのシスコが、サーバーにも手を広げているのとは対照的です。

古屋 そうですね。我々はネットワーク専業メーカーとしての強みを最大限伸ばそうとしています。

――以前のジュニパーには「特に通信事業者に強い」というイメージがありました。しかし、先日読んだ海外の記事には、現在の上位顧客10社のうち、5社がクラウド事業者、3社が通信事業者、2社がエンタープライズと書かれていました。売上が伸びるなか、顧客構成にも変化が起きているのですか。

古屋 ジュニパーの売上全体の約7割は、サービスプロバイダーが占めています。以前はこのサービスプロバイダーの上位ほとんどを通信事業者が占めていましたが、この3~4年でかなりシフトしました。今はハイパースケールのクラウド事業者も、我々のとても重要な顧客になっています。

――クラウドの波にしっかり乗ったわけですね。

古屋 はい、国内でもクラウド関連のビジネスは非常に伸びています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

古屋知弘(ふるや・ともひろ)氏

2015年5月にジュニパーネットワークス代表取締役社長に就任。ジュニパー入社以前は、2010年にテラブス・ジャパンの代表取締役社長に就任し、その後、2013年12月テラブス社とコリアント社の合併に伴い、コリアント・ジャパンの代表取締役社長を務めた。また、それ以前は、日本アルカテル・ルーセントIP事業部ジェネラル・マネージャー兼ソリューション・ディレクター、リバーストーン・ネットワークス代表取締役社長などを歴任している。米チャップマン大学においてファイナンス専攻で学士号を取得

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます