ICT×未来

AIで働き方が一変!(前編)- 「シンギュラリティは不可能」

文◎唐島明子(編集部) 2017.05.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートフォンの中にある
「SoftBank Brain」のイメージ

第3次AIブームを迎え、私たちの働き方は大きな変革を迫られている。AIによる業務効率化で人間に求められる能力が変わり、またチャットボットの飛躍により、人間と業務システムとの距離はぐんと近づきそうだ。

 
「ITの力を使って、スマートに業務工数とコストを半分にする。そのためにAI(人工知能)を社員のポケットに入れよう」――。ソフトバンク 代表取締役社長 兼 CEOの宮内謙氏は、昨年7月に開催されたイベント「SoftBank World 2016」でこう語った。

同社は「Half and Twice」をキャッチフレーズに、2015年4月から生産性向上の取り組みを始めている。目標は、業務工数やコストを半分(Half)にし、生産性や創造性は2倍(Twice)にすること。この取り組みの1つとして、AIシステム「SoftBank Brain」を開発中だ。

「これまで12時間かかっていた仕事を6時間でできるようにする。残りの6時間のうち、4時間で残業をなくし2時間はクリエイティブな仕事に回す」と宮内氏は構想している。

付加価値を生まない単純作業はAIに任せ、人間は付加価値の源泉となるクリエイティブな業務に集中することで、高い生産性を実現しようとしているわけだ。

“数秒”で最適な資料を提示SoftBank Brainは、日本語版のIBM Watsonやソフトバンクが自社開発したAIなどで構成されている。活用分野として検討されているのは、「法人営業」「コンタクトセンター」「社員サポートセンター」「ショップ」「人事」「財務」など(図表)。早速、法人営業向けのSoftBank Brainが稼働している。

 

図表 「SoftBank Brain」の活用分野
図表 「SoftBank Brain」の活用分野



これは、法人営業社員が行う顧客企業へのサービス提案をサポートするAIだ。利用方法はチャットボットに近く、スマートフォンにインストールした「SoftBank Brainアプリ」に向かって社員が音声やテキストで質問すると、テキストや資料、URLなどで答えを返してくれる。

例えば、営業社員が「A社にどんな提案をすればいい?」と聞くと、ソフトバンクが持っている膨大な商材の中から最適な提案内容や提案資料を“数秒”で見つけ出し、画面に回答を表示できるという。また、「B社の営業担当は?」と聞けば、担当営業の名前とコンタクト先に加え、チームメンバーや上長も教えてくれる。

すでにSoftBank Brainの効果は出始めている。同社によれば、これまで1日平均40分かけていた、商材や顧客企業の情報収集にかかる時間が短縮され、それ以外の業務に集中できるようになったそうだ。また、サービスに関する質問を顧客から受けた際には、その場でスマートフォンで調べて回答・解決できるなど、顧客対応のスピード感が増しているという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

microsoft1705
recomot1705
qloog1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます