企業ネットワーク最前線

IoT時代の自動車セキュリティの“勘所”とは?――デロイト トーマツが勉強会

文◎太田智晴(編集部) 2017.04.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所は2017年4月20日、「IoT時代を勝ち抜くための自動車セキュリティ」というテーマで記者向け勉強会を開催。コネクテッドカーのセキュリティの“勘所”を解説した。

 
監査やコンサルティング等に加えて、リスクアドバイザリーも事業の大きな柱の1つとして展開するデロイト トーマツ グループ。そのリスクアドバイザリー事業における注力分野が、自動車業界のセキュリティだ。

デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主席研究員 泊輝幸氏
デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主席研究員 泊輝幸氏


デロイト トーマツ グループには、全世界約3500名のサイバーセキュリティサービス専任者がいるそうだが、このうち100名以上が自動車セキュリティの専任者とのこと。「これくらい自動車セキュリティをやっている会社は、他に見当たらないのでは」とデロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主席研究員の泊輝幸氏は話した。

デロイト トーマツの自動車セキュリティ事業の体制。米独日が中心になっている
デロイト トーマツの自動車セキュリティ事業の体制。米独日が中心になっている


自動車のセキュリティというと、クルマそのもののセキュリティがまず思い浮かぶ。しかし、デロイト トーマツがカバーする領域はそれだけではない。

通常のITシステムから工場の制御系システム、そしてテレマティクス等の顧客情報サービスまで、自動車会社のサイバーセキュリティ全般をカバーしているのが特徴だという。

デロイト トーマツがカバーする自動車セキュリティの領域
デロイト トーマツがカバーする自動車セキュリティの領域


すでに140万台リコールのセキュリティインシデントもこのように、「全方位」(泊氏)で、自動車セキュリティを手掛けるデロイト トーマツだが、この日、重点的に説明されたのはクルマそのもののセキュリティについてだ。

クルマがコネクテッド化していく中で、「プライバシーの侵害や、自動車の乗っ取り・遠隔操作、それによる人命被害などのリスクが想定される」と主任研究員の高橋宏之氏は説明した。

デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主任研究員 高橋宏之氏
デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 主任研究員 高橋宏之氏



具体的には、以下のようなセキュリティリスクの可能性があるという。実際すでにいくつものセキュリティインシデントが報告されており、140万台のリコールにつながるなど、“実害”も出始めている。

想定される自動車のセキュリティリスク
想定される自動車のセキュリティリスク


そこで米欧日では、自動車セキュリティの標準化の取り組みなどが活発化。例えば米国では自動車セキュリティに関する法案も議会に提出されている。

「SPY Car ACT」法案で、ハッキングをリアルタイムで検知・報告できる技術の搭載や、ドライバーが自分のクルマのセキュリティ状況を確認できる「サイバーダッシュボード」の設置などを求める内容になっているという。


自動車関連のセキュリティインシデント



IoT時代、自動車関連メーカーにとって、サイバーセキュリティは否応なく最重要課題の1つとならざるを得ないが、高橋氏がその勘所として強調したのは2つ。

まずは、自動車開発プロセスにおけるセキュリティガバナンスを強化することだ。「自動車を見る視点はいろいろあるが、ガバナンス視点とは、説明責任を果たすための視点」と高橋氏。

重大なリスクである自動車セキュリティについて、しっかり説明責任を果たせるよう、報告・評価・モニタリングなどをはじめとするガバナンス体制を強化する必要がある。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamato1703
brocade1703
nw1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます