ニュース

KDDIとシスコがCisco Spark提供で協業 「会議も電話もフルクラウドに」

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.04.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDIとシスコシステムズは2017年4月13日、ビデオ会議等のビジネスコミュニケーションを統合したクラウドサービス「Cisco Spark」の提供について協業を発表した。単なる製品・サービス販売に留まらず、KDDIの音声基盤とCisco Sparkを連携させたクラウドPBXサービスの開発も進める。


KDDIとシスコシステムズが「Cisco Spark」の提供に関して協業すると発表した。

Cisco Sparkは、ビデオ会議、VoIP内線通話、メッセージング等の機能を統合した企業向けのコラボレーションサービスだ。シスコが2015年から提供を始めたもので、PCやスマートフォン/タブレットで音声通話やチャット、ビデオ会議が行えるほか、シスコ製の電話機やテレビ会議端末「Cisco TelePresence」からの接続も可能だ。いわば、ビジネスコミュニケーションのためのプラットフォームと言えるサービスである。

今回の協業では、KDDIが7月からCisco Sparkと、新しいビデオ会議用ハードウェア「Cisco Spark Board」を提供。さらに、Cisco SparkとKDDIの音声基盤を連携させることで、固定電話番号(0AB~J番号)による外線通話と内線通話ができるクラウドPBXサービスの開発も進める。


KDDI取締役・執行役員常務の東海林崇氏(左)と
シスコシステムズ代表執行役社長の鈴木みゆき氏


KDDI取締役・執行役員常務でソリューション事業本部長 兼 グローバル事業本部担当の東海林崇氏は、発表会見で「Cisco SparkとKDDIの音声基盤をつなぐことで、会議も電話も“フルクラウド”で作りたい。これで日本企業の働き方が変わる」と話した。

Spark Boardで、面倒な「会議の事前準備」とはサヨナラ
KDDIとシスコが提供するソリューションにおいて、まず目玉となるのがCisco Spark Boardだ。

ひと言でいえば、タッチ操作で使える“オールインワン”の会議用デバイスである。会議で行われる3つのアクション、(1)資料を投影してプレゼンテーションする、(2)ホワイトボードに書き込みをする、(3)遠隔地とビデオ会議をする、をすべて行える。カメラとマイクがモニターと一体型になっているため余分な配線が不要で、インターネットに接続するためのケーブルを1本つなぐだけで使える簡便さも特徴だ。



Cisco Spark Boardの利用イメージ。資料共有・ビデオ会議、ホワイトボード機能を備える


こう書くと、従来のビデオ会議用端末とは大きな違いがないようにも思えるが、クラウドサービスのCisco Sparkと合わせて使うことで、その違いはより明確になる。会議を始めるまでの準備が格段に簡単になっているのだ。

一般的なビデオ会議では、PCと会議端末をケーブルでつないだり、電話番号やアドレスを入力して他の拠点を呼び出したり、画面に投影したい資料をPCに保存したりなど、様々な準備作業が必要になる。だが、Cisco Spark Boardを使った会議ではそうした面倒な作業が不要だ。

会議でプレゼンを行う人が、Cisco Sparkのアプリを入れたスマートフォンを持ってSpark Boardに近づくと、超音波による無線通信によってそれを認識し、その人のスマホとSpark Boardとでペアリングを行う。これにより、PCからモニターにケーブルをつながなくても、Spark Boardに資料を投影することができる。手元のPCにある資料をインターネット、クラウドを経由してSpark Boardに映すのだ。また、PCを持っていない状態でも、クラウド上に資料が保存されていれば、それをSpark Boardに投影してプレゼンが行える。



発表会見で行われたSpark Boardを使ったプレゼンのデモの様子。
クラウド上に保存されている資料を投影できるため、
PCを持っていない状態でも必要なコンテンツを表示してプレゼンが行える


遠隔地にいるメンバーの呼び出しも簡単だ。上記のペアリングを行った段階で、Spark Boardの画面にはCisco Sparkで普段コミュニケーションしているチームのメンバーが表示される。ここから必要なメンバーをタッチ操作で呼び出して、PCやモバイルから参加してもらうことが可能だ。

遠隔から参加するメンバーとは、ホワイトボードも共有できる。複数のメンバーが同時に書き込みを行うことも可能だ。なお、書き込んだ内容はすべて暗号化される。一筆ごとに異なる暗号化キーを使うため、万一盗聴されても復元はほぼ不可能だ。

そして、ホワイトボードに書き込んだ内容は会議終了後に自動的にクラウドに保存され、チーム間で共有される。次回の会議時に呼び出すことも可能だ。ホワイトボードを写真にとったり、そのデータをメールで参加者に送って共有するといった手間をかける必要はない。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

macnica1705
arbor1705
yamato1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます