企業ネットワーク最前線

【無線LAN最新動向】11ac Wave2の性能を引き出すコツ

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IEEE802.11acの第2世代(Wave2)対応製品がいよいよ“使いどき”だ。性能をうまく引き出せば、ユーザーの体感品質に直結する「実効速度」を大きく向上させられる。そのコツを解説しよう。

 
企業のオフィスや学校の教室などで、大規模に無線LAN(Wi-Fi)を構築する動きがますます広がっている。だが、せっかくWi-Fi環境を作っても、それを利用する端末の増加によって通信品質・速度が低下し、業務に支障を来すケースも出てきている。1台のアクセスポイント(AP)のカバーエリアに多くのWi-Fi端末が密集して通信容量が不足したり、電波干渉を起こすのが原因だ。

これからは、キャパシティと実効速度を重視した製品選びと設計・構築がさらに重要になる。このニーズに応えるのが、IEEE802.11acの第2世代「Wave2」だ。スループットを高める新機能を搭載した規格である。

さらに、次世代規格として標準化が進められている「11ax」も、キャパシティとスループットの向上にフォーカスしたもので、2018年以降の実用化が見込まれている。

一方、屋外にWi-Fi機器を設置し、様々な用途に活用しようとする動きも進み、Wi-Fiの利用シーンはさらに拡大している。

本稿では、最新技術を効果的に使ってWi-Fiの利便性を高めるためのポイントと、利用シーンを広げる方法の2つの側面からWi-Fiの最新動向をレポートする。


製品選びで大きな差が出るWave2 MU-MIMOはこう活かせ!Wave2対応製品は2015年後半から本格的に市場に投入され始め、昨年後半にはミドルクラス向けにも広がってきた。ラジオチップの低廉化によって、価格もWave1と遜色ない水準まで下がってきている。

ラッカスワイヤレスを昨年買収したブロケード コミュニケーションズ システムズで事業開発部テクニカルディレクターを務める小宮博美氏は「今後発売する新製品は基本的にすべてWave2になる」と話す。「Wave1からWave2へ切り替える際も、ほぼ横ばいの価格帯で移行できている」という。なお、同社で現在一番の売れ筋であるAP「Ruckus ZoneFlex R510」もWave2対応だ。
Ruckus ZoneFlex R510
ブロケード コミュニケーションズ システムズのWave2対応アクセスポイント「Ruckus ZoneFlex R510」。端末の現在位置に合わせてビーム状に電波を発する「BeamFlex+」を搭載している

 


このWave2のメリットを最大限活かすにはどうすればいいのか。

改めてWave1との違いを整理しておくと、Wave2の注目点は次の2つになる。1つは、チャネルボンディングが可能な帯域幅の拡大。もう1つがマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)への対応だ。

チャネルボンディングとは複数のチャネルを束ねて高速化する技術であり、この帯域幅が従来の80MHzから160MHzおよび80+80MHzに拡大した。

ただし、使い所はあまりない。160MHz幅にボンディングすれば、使えるチャネルはわずか2つに制限されてしまうからだ。実際には、20~40MHz幅でより多くのチャネルを確保し、電波干渉の少ないエリア設計を行うのが無難な使い方だ。

一方、ぜひとも活かしたいのがMU-MIMOである。APと複数の端末(最大4台まで)との同時通信を可能にする技術だ。

例えば、1台のAPがカバーするエリアに3台の端末がいた場合、これまでは1台ずつ順番に通信していたが、MU-MIMOでは同時に3台すべてにデータを送信できる。

これにより、無線リソースを有効に利用できるようになり、スループットが向上する。多数の端末が同時にアクセスする高密度環境でも、安定した実効速度が確保できるのだ。なお、Wave2でMU-MIMOが使えるのは下り方向の通信のみで、上下方向のMU-MIMOは次の11axで実装される。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

microsoft1705
recomot1705
qloog1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます