企業ネットワーク最前線

【無線LAN最新動向】11ac Wave2の性能を引き出すコツ

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IEEE802.11acの第2世代(Wave2)対応製品がいよいよ“使いどき”だ。性能をうまく引き出せば、ユーザーの体感品質に直結する「実効速度」を大きく向上させられる。そのコツを解説しよう。

 
企業のオフィスや学校の教室などで、大規模に無線LAN(Wi-Fi)を構築する動きがますます広がっている。だが、せっかくWi-Fi環境を作っても、それを利用する端末の増加によって通信品質・速度が低下し、業務に支障を来すケースも出てきている。1台のアクセスポイント(AP)のカバーエリアに多くのWi-Fi端末が密集して通信容量が不足したり、電波干渉を起こすのが原因だ。

これからは、キャパシティと実効速度を重視した製品選びと設計・構築がさらに重要になる。このニーズに応えるのが、IEEE802.11acの第2世代「Wave2」だ。スループットを高める新機能を搭載した規格である。

さらに、次世代規格として標準化が進められている「11ax」も、キャパシティとスループットの向上にフォーカスしたもので、2018年以降の実用化が見込まれている。

一方、屋外にWi-Fi機器を設置し、様々な用途に活用しようとする動きも進み、Wi-Fiの利用シーンはさらに拡大している。

本稿では、最新技術を効果的に使ってWi-Fiの利便性を高めるためのポイントと、利用シーンを広げる方法の2つの側面からWi-Fiの最新動向をレポートする。


製品選びで大きな差が出るWave2 MU-MIMOはこう活かせ!Wave2対応製品は2015年後半から本格的に市場に投入され始め、昨年後半にはミドルクラス向けにも広がってきた。ラジオチップの低廉化によって、価格もWave1と遜色ない水準まで下がってきている。

ラッカスワイヤレスを昨年買収したブロケード コミュニケーションズ システムズで事業開発部テクニカルディレクターを務める小宮博美氏は「今後発売する新製品は基本的にすべてWave2になる」と話す。「Wave1からWave2へ切り替える際も、ほぼ横ばいの価格帯で移行できている」という。なお、同社で現在一番の売れ筋であるAP「Ruckus ZoneFlex R510」もWave2対応だ。
Ruckus ZoneFlex R510
ブロケード コミュニケーションズ システムズのWave2対応アクセスポイント「Ruckus ZoneFlex R510」。端末の現在位置に合わせてビーム状に電波を発する「BeamFlex+」を搭載している

 


このWave2のメリットを最大限活かすにはどうすればいいのか。

改めてWave1との違いを整理しておくと、Wave2の注目点は次の2つになる。1つは、チャネルボンディングが可能な帯域幅の拡大。もう1つがマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)への対応だ。

チャネルボンディングとは複数のチャネルを束ねて高速化する技術であり、この帯域幅が従来の80MHzから160MHzおよび80+80MHzに拡大した。

ただし、使い所はあまりない。160MHz幅にボンディングすれば、使えるチャネルはわずか2つに制限されてしまうからだ。実際には、20~40MHz幅でより多くのチャネルを確保し、電波干渉の少ないエリア設計を行うのが無難な使い方だ。

一方、ぜひとも活かしたいのがMU-MIMOである。APと複数の端末(最大4台まで)との同時通信を可能にする技術だ。

例えば、1台のAPがカバーするエリアに3台の端末がいた場合、これまでは1台ずつ順番に通信していたが、MU-MIMOでは同時に3台すべてにデータを送信できる。

これにより、無線リソースを有効に利用できるようになり、スループットが向上する。多数の端末が同時にアクセスする高密度環境でも、安定した実効速度が確保できるのだ。なお、Wave2でMU-MIMOが使えるのは下り方向の通信のみで、上下方向のMU-MIMOは次の11axで実装される。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

uniadex1709
yamaha1710
softbank1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます