企業ネットワーク最前線

IoTでつくろう!新しいニッポン

日本の課題をみんなでシェア! 政府がシェアリングエコノミーに力を入れる理由

文◎太田智晴(編集部) 2017.04.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今後、日本社会のIoT化が進むと、社会課題解決の“担い手”そのものから変革できる可能性がある。イノベーションの鍵を握るのは「シェアリングエコノミー」。政府も本腰を入れ始めた。

 
あらゆるヒトとモノがネットワークにつながるIoT時代。このIoT時代を象徴する、新しい経済モデルと言えるのが「シェアリングエコノミー」だ。今このシェアリングエコノミーの推進に、日本政府が本気で取り組み始めている。政府は今年1月、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室内に「シェアリングエコノミー促進室」を設置した。

「社会課題解決の担い手は、これまで主に行政だった。しかし、シェアリングエコノミーによって、民間の力、特に若者の知見を生かして、日本の社会課題を解決できる――。そんな新しい社会デザインを実現できるのではないか」

シェアリングエコノミー促進室の松田昇剛企画官はこう意気込む。

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 シェアリングエコノミー促進室 企画官 松田昇剛氏
内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 シェアリングエコノミー促進室 企画官 松田昇剛氏


政府がシェアリングエコノミーの推進に力を入れる理由はいくつもある。


1つは、一億総活躍社会の実現だ。「シェアリングエコノミーの仕組みによって、今まで活用されてこなかった個人の資産や能力を市場化することは、個人の所得増大につながる」(松田氏)。兼業しやすくなることで、働き方改革が進む可能性もある。

日本の生産性向上にも寄与する。遊休資産や個人の余った時間など、社会に偏在する「未使用の価値=無駄」をシェアリングエコノミーによって有効活用できるからだ。

さらに、この波に乗り遅れれば、国際競争から取り残されるという危機感もある。企業価値が10億ドル以上の未上場ベンチャーを「ユニコーン企業」と呼ぶが、世界のユニコーン企業トップ10のうち、Uber、Airbnbなど実に4社がシェア事業者だ。「世界中で新しいシェアサービスが続々と生み出されており、まさに今、最も熱い領域だ」と松田氏は指摘する。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Abanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます