企業ネットワーク最前線

光とパケットの世界を統合――ジュニパーが新DCIソリューション「Open Cloud Interconnect」

文◎太田智晴(編集部) 2017.04.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ジュニパーネットワークス 上田昌広氏

光伝送装置ベンダーを昨年買収したジュニパーネットワークスが、新たなDCI(データセンター相互接続)ソリューションを発表した。従来、別々だった光とパケットの世界を統合できるという。

 
ジュニパーネットワークスは2017年4月3日、新しいDCI(Data Center Interconnect:データセンター相互接続)ソリューション「Open Cloud Interconnect」を発表した。

大容量のコヒーレントオプティカル技術と、オープンでプログラマブルなルーティング/スイッチング/セキュリティ/仮想化技術を組み合わせたジュニパー独自のアプローチで、マルチレイヤDCIネットワークを最適化できるという。

ジュニパーは昨年4月、データセンター向け光伝送装置などのベンダーであるカナダBTI Systems社を買収したが、その成果といえるのがOpen Cloud Interconnectだ。「当社の基幹製品であるルーター/スイッチに、光の技術をどんどん取り入れていっている」(ジュニパーネットワークス 技術統括本部 テクニカルビジネス推進部長の上田昌広氏)。

これまで光伝送とパケットのレイヤは、装置も別々なら、管理方法も別々――。まったく異なる世界だったわけだが、Open Cloud Interconnectの大きな特徴の1つは、この2つの世界を統合できることにあるという。

Open Cloud InterconnectでのDCIの構成例
Open Cloud InterconnectでのDCIの構成例



ジュニパーは今回、「QFX10000 コヒーレント DWDMラインカード」を第2四半期から提供開始すると発表した。これは、同社のレイヤ3スパインスイッチであるQFX10000シリーズ向けのDWDMラインカードだ。

WDMをルーター/スイッチに統合することは従来も可能だった。しかし、上田氏によれば、ポート密度に課題があったという。ジュニパー自身も以前からMXシリーズ向けにDWDMラインカードを提供しているが、100Gのポートを1つしか備えていない。

1つの筐体に光とパケットを集約できれば、設置スペースや電力消費、管理負荷などの面で大きな効果が期待できる。だが、ポートの収容効率が悪くなるため「結局コスト的に合わないというのが今までの流れだった」と上田氏は説明する。

ところが、「今年非常に大きなテクニカルブレークスルーがあった」。光モジュールの小型化の進展などにより、QFX10000 コヒーレント DWDMラインカードは、最大200Gのポートを6つ搭載。1.2Tの光伝送が行える。

このため、ポート密度の課題をクリアしたうえで、光とパケットを1つの筐体に集約するメリットを享受することが可能になった。また、QFX10000 コヒーレント DWDMラインカードでは、
イーサネットVPN(EVPN)やVXLAN、MacSecのセキュリティを、低電力なコヒーレントDWDMに統合することも可能になっている。

QFX10000 コヒーレント DWDMラインカード
「QFX10000 コヒーレント DWDMラインカード」の概要



光伝送装置「BTI 7800シリーズ」向けの新たなラインカード「UFM6 ラインカード」も発表された。10GE/100GEクライアントポートと、最大200Gの2つのコヒーレントDWDMポートを搭載し、合わせて400Gの光伝送を実現できる。UFM6 ラインカードは現在すでに提供中だ。

なお、上田氏によれば、QFX10000シリーズ+DWDMラインカードが適しているのは、ポイント・ツー・ポイント接続のDCI。「リング型やメッシュ型の構成の場合は、BTIシリーズのほうが秀でている」という。

「UFM6 ラインカード」の概要
「UFM6 ラインカード」の概要




Open Cloud Interconnectが統合するのは、筐体だけではない。運用管理の統合も実現可能だという。

光伝送装置は、そのベンダー固有のNMS(Network Management System)のGUIを使って設定・管理するのが一般的だ。しかし、「特にデータセンターの場合、ルーター/スイッチと一緒に見たいという要望がある」(上田氏)。

そこでOpen Cloud Interconnectでは、オープンAPIを採用。専用NMSで設定・管理しなくても、NETCONF/YANGモデルに基づき、「自分たちのシステムから直接コンフィグを叩くこともできる」。また、Junosのコマンドで設定を行うことも可能だ。

光とパケットのマルチレイヤを統合的に可視化/制御できることから、デプロイメントやトラブルシューティングの迅速化などを実現できるとしている。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代の新ビジネス創出戦略
<Part 1>5G革命の本質とは? - 主戦場は「リアル」で「シリアス」な領域へ
<Part 2>5Gで超現実の感動体験 - ポストスマホ時代のビジネスチャンス
<Part 3>人手不足も5Gが救う - AI・4K・5Gが三種の神器に

● [インタビュー]OKI 常務 坪井正志氏「“IoTのOKI”実現の準備は整った」 ●LPWA「ローラ」ネットワークの選び方 ●データセンターインターコネクト(DCI)最新動向 ● 新LPWA規格「Weightless-P」が日本上陸

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます