企業ネットワーク最前線

大台突破目前のIP監視カメラ――解析機能との連携による差別化進む

文◎村上麻里子(編集部) 2017.04.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IP監視カメラは、「撮る・貯める」機能だけでは価格競争が避けられない。国内ベンダー各社は、画像認識や映像解析とのソリューション連携による差別化を進めている。

国内の監視カメラ市場は、デジタルがアナログを上回り、ネットワーク上で音声や映像を遠隔地に伝送できるIP監視カメラが中心となっている。

このIP監視カメラは、ICT分野において今後の成長が見込まれる市場の1つだ。

首都圏や観光地では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた観光客の増加をにらみ、ホテルや商業施設の建設ラッシュが始まっている。国内外から多くの人が集まるとテロや犯罪の危険性も高まるだけに、これらの建物への監視カメラの導入は必須であり、需要の底上げにつながることは確実だ。

また、コンビニエンスストアや小売り、飲食業など多店舗展開している企業の間では各拠点にカメラを設置し、その映像をクラウド上に集めて本社(本部)で一括管理する動きが広まっている。

こうした状況から、IP監視カメラの国内出荷台数は拡大傾向にある。調査会社テクノ・システム・リサーチによると、2015年は前年比28%増の59万950台となった。今後も年率10~20%のペースで伸び、19年には119万5760台と100万台の大台を超えると予想する(図表1)。


図表1 ネットワークカメラの国内出荷台数
図表1 ネットワークカメラの国内出荷台数


一方、国内におけるベンダーシェア(台数ベース)は、パナソニックが56.9%で引き続きトップを維持している(図表2)。上位6社の顔ぶれに大きな変化はないが、そのシェアはいずれも前年からやや下がっている。

 

図表2 2015年の国内ベンダーシェア
図表2 2015年の国内ベンダーシェア

 

その背景にあるのは、HIKVISION(ハイクビジョン)やDahua(ダーファ)といった中国勢の存在感がここ1~2年の間に高まっていることだ。

グローバルでシェアトップのハイクビジョンは、日本市場について出遅れていたが、販売代理店網の整備が進み、急速に売上を伸ばしている。15年の国内シェアは1.7%と上位陣にはまだ及ばないものの、出荷台数は対前年比4倍の伸びを記録した。最近は中小企業や小規模店舗でもIP監視カメラの導入が進んでいるが、機能よりも価格が重視されるこうしたマーケットで、安価な同社製品が支持を集めているようだ。

テクノ・システム・リサーチ マーケティングディレクターの池田英信氏は「価格競争では中国ベンダーが圧倒的な優位にあり、日本勢は太刀打ちできない。それだけに、付加価値で差別化を図っていくことが求められる」と指摘する。

実際、国内ベンダーはカメラ本体の高機能化や、画像認識・映像解析といったソリューションとの連携によって付加価値を高める方向性にある。

各社の具体的な取り組みはどうなっているのか。「カメラ機能」と「ソリューション」に分けて見ていくことにする。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます