企業ネットワーク最前線

大台突破目前のIP監視カメラ――解析機能との連携による差別化進む

文◎村上麻里子(編集部) 2017.04.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IP監視カメラは、「撮る・貯める」機能だけでは価格競争が避けられない。国内ベンダー各社は、画像認識や映像解析とのソリューション連携による差別化を進めている。

国内の監視カメラ市場は、デジタルがアナログを上回り、ネットワーク上で音声や映像を遠隔地に伝送できるIP監視カメラが中心となっている。

このIP監視カメラは、ICT分野において今後の成長が見込まれる市場の1つだ。

首都圏や観光地では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた観光客の増加をにらみ、ホテルや商業施設の建設ラッシュが始まっている。国内外から多くの人が集まるとテロや犯罪の危険性も高まるだけに、これらの建物への監視カメラの導入は必須であり、需要の底上げにつながることは確実だ。

また、コンビニエンスストアや小売り、飲食業など多店舗展開している企業の間では各拠点にカメラを設置し、その映像をクラウド上に集めて本社(本部)で一括管理する動きが広まっている。

こうした状況から、IP監視カメラの国内出荷台数は拡大傾向にある。調査会社テクノ・システム・リサーチによると、2015年は前年比28%増の59万950台となった。今後も年率10~20%のペースで伸び、19年には119万5760台と100万台の大台を超えると予想する(図表1)。


図表1 ネットワークカメラの国内出荷台数
図表1 ネットワークカメラの国内出荷台数


一方、国内におけるベンダーシェア(台数ベース)は、パナソニックが56.9%で引き続きトップを維持している(図表2)。上位6社の顔ぶれに大きな変化はないが、そのシェアはいずれも前年からやや下がっている。

 

図表2 2015年の国内ベンダーシェア
図表2 2015年の国内ベンダーシェア

 

その背景にあるのは、HIKVISION(ハイクビジョン)やDahua(ダーファ)といった中国勢の存在感がここ1~2年の間に高まっていることだ。

グローバルでシェアトップのハイクビジョンは、日本市場について出遅れていたが、販売代理店網の整備が進み、急速に売上を伸ばしている。15年の国内シェアは1.7%と上位陣にはまだ及ばないものの、出荷台数は対前年比4倍の伸びを記録した。最近は中小企業や小規模店舗でもIP監視カメラの導入が進んでいるが、機能よりも価格が重視されるこうしたマーケットで、安価な同社製品が支持を集めているようだ。

テクノ・システム・リサーチ マーケティングディレクターの池田英信氏は「価格競争では中国ベンダーが圧倒的な優位にあり、日本勢は太刀打ちできない。それだけに、付加価値で差別化を図っていくことが求められる」と指摘する。

実際、国内ベンダーはカメラ本体の高機能化や、画像認識・映像解析といったソリューションとの連携によって付加価値を高める方向性にある。

各社の具体的な取り組みはどうなっているのか。「カメラ機能」と「ソリューション」に分けて見ていくことにする。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます