ICT×未来

ドコモと未来シェア、「AI運行バス」で交通や物流を根本から変える!

文◎太田智晴(編集部) 2017.03.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

未来シェアの松原仁氏、中島秀之氏、
NTTドコモの古川浩司氏、谷直樹氏(左から)

移動需要のある場所・時間・人数をAIで事前に予測し、公共交通の走行ルートや配車数をリアルタイムに決定する――。そんなAI運行バスの共同開発に向けて、ドコモとベンチャー企業の未来シェアが動き出した。

 

NTTドコモと未来シェアは2017年3月9日、「AI運行バス」の提供に向けて、モビリティサービスプラットフォームを共同開発すると発表した。

通常のバスは、あらかじめ決まった走行ルートを、定められた時刻に走る。これに対して、AI運行バスは、そのときの需要に応じて、リアルタイムに走行ルートや配車数を決定するというもの。

AI運行バスの概要
AI運行バスの概要


 

人口減少に伴い、路線バスなどの公共交通の維持が困難になった「交通空白地」は拡大し続けている。NTTドコモ IoTビジネス部長の谷直樹氏によると、大都市部以外では約9割のバス事業者が赤字、利用者数はピーク時の約40%まで減少したというデータもあるそうだ。

その一方、高齢化に伴って、「公共交通を使いたいというニーズも高まっている」とNTTドコモ 取締役常務執行役員 法人ビジネス本部長の古川浩司氏。公共交通の維持はますます難しくなるにもかかわらず、公共交通に頼らざるを得ない人は急速に増えていくという「アンマッチ」(古川氏)が起きているのだ。

公共交通が直面している課題
公共交通が直面している課題

 

そこで、「人あるいはモノの移動の在り方を根本的に変えたいと始めたプロジェクト」(未来シェア 代表取締役社長の松原仁氏)が、未来シェアの「SAV(Smart Access Vehicle)」である。

ドコモと未来シェアは、このSAVとドコモのリアルタイム移動需要予測技術などを組み合わせることで、AI運行バスを実現しようと考えている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます