新製品&新サービス

工場IoT推進へ3社タッグ ―― NSWとPTC、HPが「IoTスターターパック」を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.02.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「IoTをやろうとしても、PoC以前の段階で止まってしまっているお客様が多い」――。この課題を克服しようと、製造業のIoT導入で豊富な実績を持つPTCジャパン、日本システムウエア、そして日本ヒューレット・パッカードの3社が協業した。IoTを始めるのに必要なハードとソフト、および導入・開発支援サービスをセットにした“スターターパック”を発売する。


日本システムウエア(NSW)、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の3社は2017年2月23日、製造業をターゲットにした「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」の販売を開始した。名称の通り、工場におけるIoT活用を小規模に始めるに当たって必要になる機器とソフトウェア、および導入・運用を支援するサービスをパッケージにして提供するものだ。


「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」のサービス内容


具体的には、日本HPのIoTエッジコンピューティング向けサーバー製品「HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System」(以下、EL1000)に、PTCジャパンのIoT基盤ソフトウェア「ThingWorx」を組み込んで提供し、NSWが導入支援および継続的なプロジェクト支援のサービスを行う。NSWのITソリューション事業本部・ビジネスイノベーション事業部長を務める竹村大助氏は「他にはないパッケージが3社の協業によってできた」と語った。



(左から)日本システムウエア ITソリューション事業本部 ビジネスイノベーション事業部長の竹村大助氏、PTCジャパン執行役員 専務の宮川公延氏、日本ヒューレット・パッカード IoT推進室室長の岡田和美氏


PTCジャパン執行役員・専務の宮川公延氏によれば「3社とも、ファクトリーIoTの引き合いが非常に多い」状況にあるという。だが、「何から始めたらよいのかわからない」「ROIが見えない」「データをどう活用していいのかわからない」「セキュリティが不安」といった課題を解決できず、「PoC(概念実証)に行く前の段階で止まってしまっているお客様が多い」(竹村氏)のが現状だ。

今回のファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージは、「その前段階から後押しする」ことをコンセプトに企画されたものだという。

「1カ月前後」でモニタリングシステムを稼働
竹村氏が特徴として挙げたのは次の3つだ。



ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージの特徴


1つは、取得したデータを外部に持ち出さずセキュアな環境で処理できること。PTCジャパンの宮川氏によれば、IoTを始めようとする製造業のほとんどが「外部にデータを出さない」ことを強く要望しているという。そのため、クラウドを用いる一般的なIoTプラットフォームではそのニーズに対応できず、これも工場IoT化の障害の1つになっていた。

そこで、今回のパッケージはクラウドやデータセンターにデータを送るのではなく、施設内に設置するEL1000にThingWorxを組み込み、エッジコンピューティングでデータを処理するかたちとした。これによりセキュリティ面の課題を解決する。日本HPのIoT推進室室長を務める岡田和美氏は、「現場でThingworksのほぼすべての機能が使える。現場に閉じたかたちでまず可視化し、効果をみて、ROIを算出するための基となるデータを取ってもらおうとこの企画を進めてきた」と話す。

なお、EL1000は日本HPのデータセンター向けサーバーをベースに、エッジ向けの耐環境性能(動作温度0~55℃)を備えた製品で、大量のデータ処理にも対応する。(詳細はこちらの記事を参照【コンセプトは「シフトレフト」、HPEがIoTエッジ向け新製品を発売】



協業する3社それぞれの提供製品・サービスの内容


2つめは、導入支援と、継続的なプロジェクト支援をセットで提供すること。竹村氏によれば、「最初の1カ月間、NSWがお客様と一緒に実装を行うことで、早く着実にモニタリングまでできるようにする」という。立ち上げ後も、トレーニングやヘルプデスクによるサポートを継続的に行い、ユーザー側が自身で追加開発や検証などを実施できるよう支援する。

3つめは、コストだ。買い取りとレンタル型の2つの形態を用意するが、レンタル型(1年間の使用権)の料金は、前述の導入・プロジェクト支援も含めて月額50万円からとなっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます