新製品&新サービス

工場IoT推進へ3社タッグ ―― NSWとPTC、HPが「IoTスターターパック」を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.02.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「IoTをやろうとしても、PoC以前の段階で止まってしまっているお客様が多い」――。この課題を克服しようと、製造業のIoT導入で豊富な実績を持つPTCジャパン、日本システムウエア、そして日本ヒューレット・パッカードの3社が協業した。IoTを始めるのに必要なハードとソフト、および導入・開発支援サービスをセットにした“スターターパック”を発売する。


日本システムウエア(NSW)、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の3社は2017年2月23日、製造業をターゲットにした「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」の販売を開始した。名称の通り、工場におけるIoT活用を小規模に始めるに当たって必要になる機器とソフトウェア、および導入・運用を支援するサービスをパッケージにして提供するものだ。


「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」のサービス内容


具体的には、日本HPのIoTエッジコンピューティング向けサーバー製品「HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System」(以下、EL1000)に、PTCジャパンのIoT基盤ソフトウェア「ThingWorx」を組み込んで提供し、NSWが導入支援および継続的なプロジェクト支援のサービスを行う。NSWのITソリューション事業本部・ビジネスイノベーション事業部長を務める竹村大助氏は「他にはないパッケージが3社の協業によってできた」と語った。



(左から)日本システムウエア ITソリューション事業本部 ビジネスイノベーション事業部長の竹村大助氏、PTCジャパン執行役員 専務の宮川公延氏、日本ヒューレット・パッカード IoT推進室室長の岡田和美氏


PTCジャパン執行役員・専務の宮川公延氏によれば「3社とも、ファクトリーIoTの引き合いが非常に多い」状況にあるという。だが、「何から始めたらよいのかわからない」「ROIが見えない」「データをどう活用していいのかわからない」「セキュリティが不安」といった課題を解決できず、「PoC(概念実証)に行く前の段階で止まってしまっているお客様が多い」(竹村氏)のが現状だ。

今回のファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージは、「その前段階から後押しする」ことをコンセプトに企画されたものだという。

「1カ月前後」でモニタリングシステムを稼働
竹村氏が特徴として挙げたのは次の3つだ。



ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージの特徴


1つは、取得したデータを外部に持ち出さずセキュアな環境で処理できること。PTCジャパンの宮川氏によれば、IoTを始めようとする製造業のほとんどが「外部にデータを出さない」ことを強く要望しているという。そのため、クラウドを用いる一般的なIoTプラットフォームではそのニーズに対応できず、これも工場IoT化の障害の1つになっていた。

そこで、今回のパッケージはクラウドやデータセンターにデータを送るのではなく、施設内に設置するEL1000にThingWorxを組み込み、エッジコンピューティングでデータを処理するかたちとした。これによりセキュリティ面の課題を解決する。日本HPのIoT推進室室長を務める岡田和美氏は、「現場でThingworksのほぼすべての機能が使える。現場に閉じたかたちでまず可視化し、効果をみて、ROIを算出するための基となるデータを取ってもらおうとこの企画を進めてきた」と話す。

なお、EL1000は日本HPのデータセンター向けサーバーをベースに、エッジ向けの耐環境性能(動作温度0~55℃)を備えた製品で、大量のデータ処理にも対応する。(詳細はこちらの記事を参照【コンセプトは「シフトレフト」、HPEがIoTエッジ向け新製品を発売】



協業する3社それぞれの提供製品・サービスの内容


2つめは、導入支援と、継続的なプロジェクト支援をセットで提供すること。竹村氏によれば、「最初の1カ月間、NSWがお客様と一緒に実装を行うことで、早く着実にモニタリングまでできるようにする」という。立ち上げ後も、トレーニングやヘルプデスクによるサポートを継続的に行い、ユーザー側が自身で追加開発や検証などを実施できるよう支援する。

3つめは、コストだ。買い取りとレンタル型の2つの形態を用意するが、レンタル型(1年間の使用権)の料金は、前述の導入・プロジェクト支援も含めて月額50万円からとなっている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
openstack
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます