企業ネットワーク最前線

データセンターNWが「意図」通りに!?――ジュニパーがマルチクラウド管理を簡素化する「Unite Cloud」

文◎太田智晴(編集部) 2017.02.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米ジュニパーネットワークス
コーポレートバイスプレジデント
アーメッド・ゲタリ氏

「エンジニアによる手作業は限界に来ている。新しいパラダイムが必要だ」。ジュニパーネットワークスが新しいデータセンター向けフレームワーク「Juniper Unite Cloud」を発表した。マルチクラウド化でますます複雑化している設定作業を、IT管理者は「意図」を定義するだけで自動化できるネットワークを目指している。

 

ジュニパーネットワークスは2017年2月20日、企業のハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境の構築と管理を簡素化するというデータセンター向けフレームワーク「Juniper Networks Unite Cloud」を発表した。

ジュニパーは2015年からUniteのブランド名でエンタープライズ向けアーキテクチャを展開している(関連記事:企業ネットワークの「フラット化」で“悪夢”から管理者を解放!?――ジュニパーが「Juniper Unite」を発表」。Uniteの狙いは、非常に複雑化したネットワークに、シンプル性とセキュリティ、自動化をもたらすことにある。

最初に発表されたのがキャンパス向けの「Unite Campus」、次がブランチ向けの「Unite Cloud-Enabled Branch」。今回のUnite Cloudは「Uniteファミリーの最後の部分を構成する仕組みだ」と開発・イノベーション(JDI)担当 コーポレートバイスプレジデントのアーメッド・ゲタリ氏は説明した。

「Uniteは2015年から存在するが、これまでのところ、あまり有名なブランドにはなっていない」とゲタリ氏は率直に語ったが、最後のピースであるデータセンター向けが揃ったことで、いよいよ本格的にUniteを推進していくことになる。

Juniper Uniteの概略
Juniper Uniteの概略


 

Unite Cloudの4つの柱企業は今や、自社のプライベートなデータセンターを管理するだけでは済まない。AWSなどのIaaS/PaaS、Office 365などのSaaSといったパブリッククラウドもあわせて利用しており、ITインフラの管理は非常に複雑化している。ハイブリッドクラウド化/マルチクラウド化が進展するなか、このままではさらなる複雑化が避けられないが、これを簡素化しようというのがUnite Cloudである。

では、具体的にUnite Cloudは何を実現するのか。ゲタリ氏は、Unite Cloudの4つの柱を紹介した。

 

Unite Cloudの主な特徴
Unite Cloudの主な特徴


 

まずは「セキュリティ」である。ジュニパーは「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」というセキュリティプラットフォームを発表しているが(関連記事:ジュニパー、内部侵入した脅威を自動ブロックできる「Software-Defined Secure Networks」、Unite CloudもSDSNのコンセプトを包含。ユーザーが定めたポリシーに従い、セキュリティを自動化できる。

具体的には、設定したポリシーによって、ファイアウォールだけではなく、レイヤ2/3スイッチでも不正通信を自動で遮断するといったことが可能だ。今回、CASBやアクセスポイント、エンドポイントセキュリティベンダーとのパートナーシップも発表され、さらに包括的なセキュリティを実現できるようになった。

SDSNの新たなパートナーシップ
SDSNの新たなパートナーシップ

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます