ニュース

NTTドコモが「AIタクシー」の実証実験――30分先の需要を予測

文◎村上麻里子(編集部) 2017.02.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2017年2月17日、人工知能(AI)を使い、タクシーに乗りたい人の需要をリアルタイムに予測する「AIタクシー」の実証実験の成果を公開した。

 
 (左から)NTTドコモの谷直樹氏、東京無線協同組合の橋本栄二郎氏、富士通の尾林俊文氏、富士通テンの沢田輝氏

AIタクシーとは、ドコモの携帯電話ユーザーの情報を基にしたモバイル空間統計とタクシー運行データ、気象データ、施設データなど複数のデータをNTTグループのAI技術「corevo」の多変量自己回帰とディープラーニングのハイブリッドで処理することで、30分後のタクシー需要を予測するもの。

 
 500m四方ごとに30分先までのタクシーの需要台数が数字で表示される

実証実験には、ドコモのほか東京無線協同組合、富士通、富士通テンが参加しており、16年6月~今年3月までの間、東京23区、武蔵野市、三鷹市で実施している。まず、4425台のタクシーを使って予測モデル学習を行ったが、予測正解精度は92.9%に達した。特に、駅前や繁華街など高需要エリアと、住宅街などの低需要エリアで高い予測精度を実現しているという。

続いて、12月からは12台のタクシーでフィールド実証を行っている。12月は年間を通じて最もタクシーの需要が高い時期だが、実証実験に参加した乗務員26名の売上は11月と比べて6723円増えており、東京無線全体の平均である4500円を49%も上回った。この他にも、新人乗務員の教育ツールとして有効であること、ベテラン乗務員の場合には経験・知識の補完・補正ができるといった効果が確認されたという。

ドコモ法人ビジネス本部IoTビジネス部部長の谷直樹氏が「IoTの中でも交通分野は重要性が高い」と語るように、同社は九州大学伊都キャンパス内における自動運転の実証実験や、スマートパーキングシステムの試験サービスなどの取り組みを行っている。

今後、少子高齢化が進むと、ドライバー不足からコストが上昇し、運行数の削減や営業エリアの減少により利用者が減少、収益が悪化してさらにドライバーが不足する、という悪循環に陥ることが予想される。AIとIoTでタクシーの需要と供給のマッチングを行い運行数の改善を図ることで、無駄な走行がなくなりCO2の削減につながったり、利用者の利便性向上なども期待できるという。

ドコモではAIタクシーについて、17年度下期の実用化を目指している。

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-24G

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます