新製品&新サービス

ソラコムがLoRaWANを正式提供――LoRa基地局の共有でLPWAのシェアリングエコノミー目指す

文◎business network.jp編集部 2017.02.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソラコムは2017年2月7日、IoT向けデータ通信「SORACOM Air」のLoRaWAN対応を発表した。昨年7月からLoRaWANの実験実証キットを提供してきたが、今回、正式サービス化した。これまでから提供してきたセルラー(3G/LTE)に加えて、LoRaWANがSORACOM Airで利用可能になる。

SORACOM Air for LoRaWANでは、LoRaゲートウェイ(基地局)とLoRaデバイスを1台単位で購入可能。LoRaWANを利用したいユーザーは、LoRaゲートウェイをSORACOMのコンソールから購入し、設置することで、プライベートネットワークを構築できる。ゲートウェイにはセルラー通信が含まれているため、セルラー通信の圏内で任意の場所にゲートウェイを設置可能だという。

興味深いのは、自身でLoRaWANのプライベートネットワークを構築する「所有モデル」に加えて、「共有サービスモデル」も用意したことだ。共有サービスモデルでは、ソラコムが所有する共有ゲートウェイを、ユーザーに月額サービスとして提供。そのユーザーだけではなく、SORACOM Air for LoRaWANを利用する別のユーザーも共有する。ソラコムは「LPWAのシェアリングエコノミーを目指す」としている。

 


所有モデルと共有サービスモデル
所有モデルと共有サービスモデル

 

所有モデルと共有サービスモデルの詳細な違いと料金は以下の通りとなっている。


「所有モデル」と「共有サービスモデル」の比較
「所有モデル」と「共有サービスモデル」の比較

 

スペシャルトピックスPR

microsoft1705
recomot1705
qloog1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot13
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます