企業ネットワーク最前線

“破壊的テクノロジー”でソリューション強化するソナス「完全クラウド化の準備はできた」

文◎唐島明子(編集部) 2017.02.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソナスはグローバルで、通信事業者間を接続するNNIソリューションやセキュリティの研究開発に力を入れている。同社が現在注目している技術は、「クラウド」「GPU」「SDN」「ホステッドサービス」だ。

 

「私たちの開発方針はお客様が決めるが、今の最大のテーマはクラウド対応。現時点ではハードウェア製品を希望されるお客様であっても、将来におけるソフトウェア化への道筋が示されていなければハードウェアに投資してくれない」――。こう述べるのは、米ソナス・ネットワークスのシニアバイスプレジデントでワールドワイドセールス責任者のマイケル・スウェイド氏だ。

ソナス・ネットワークス
(左から)日本ソナス・ネットワークスのカントリーマネージャー日野達基氏、米ソナス・ネットワークスでシニアバイスプレジデントを務めるマイケル・スウェイド氏、同ケビン・ライリ氏、日本ソナスでテクニカルリード・システムエンジニアを務める桑原良和氏


クラウド化は徐々に進行ソナスはSBC(Session Boarder Controller)を主力製品としており、固定・モバイルの通信事業者間を接続するNNI(Network-to-Network Interface)ソリューションなどを提供している。SBCは、SIPを利用するVoIPネットワークのゲートウェイとして、別のネットワークとの境界に設置されることから、音声・UC(Unified Communication)サービスにおいてセキュリティの防波堤の役割も果たす。

同社は2012年にN.E.T.(Network Equipment Technologies)を、翌年にPerformance Technologyを買収。従来の通信事業者向けのSBCに加え、エンタープライズ向けの小型SBCやDSC(Diameter Signaling Controller)などの領域まで製品ポートフォリオを拡大した。

さらに、研究開発に大きなコストを投じ、技術的アドバンテージを培っている。「私たちは年間総売上の約25%を研究開発費に費やすことをコミットしている」とシニアバイスプレジデントでエンジニアリングCTOのケビン・ライリ氏は語る。

近年、様々な“破壊的テクノロジー”が登場しているが、グローバルで同社がフォーカスしている技術の1つが「クラウド」だ(図表)。

 


図表 ソナスがフォーカスしている破壊的テクノロジーとそのインパクト
図表 ソナスがフォーカスしている破壊的テクノロジーとそのインパクト

 

「この3年間はクラウド化を目指し、完全なソフトウェア・ソリューションを実現すべく取り組んできた。クラウド化の準備はできている」。ライリ氏はこう説明したうえで、「ただし、企業のクラウド移行は、簡単に1ステップで実現できるものではない。ハードウェアからハードウェアとソフトウェアのハイブリッド、そして完全なソフトウェアへと時間をかけて徐々に少しずつ移行する。10年くらいかけてソフトウェア化を実現する企業もあるだろう」と続けた。

実際、世界的に産業界をリードする企業でもソフトウェアへ移行する準備ができていないケースはあり、現状はまだ大部分の企業がハードウェア・ソリューションに投資している段階だという。そのため、同社は継続的にハードウェアにも力を入れており、従来型の「ハードウェア・ソリューション」から「ハイブリッド・ソリューション」、「完全なソフトウェア・ソリューション」まで、柔軟に顧客のニーズに対応しうるソリューションを取り揃えているという。

さらに顧客がクラウド移行をスムーズに進められるよう、「私たちは、運用面においてもクラウド移行を考慮して研究開発を進めている。1つのトレーニングを受ければ、ハードウェア、ソフトウェア、ハイブリッドのいずれの環境であっても運用できるようにしている」と、スウェイド氏はアピールする。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

IBM1710
nec1710
ipswitch1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます