企業ネットワーク最前線

“破壊的テクノロジー”でソリューション強化するソナス「完全クラウド化の準備はできた」

文◎唐島明子(編集部) 2017.02.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソナスはグローバルで、通信事業者間を接続するNNIソリューションやセキュリティの研究開発に力を入れている。同社が現在注目している技術は、「クラウド」「GPU」「SDN」「ホステッドサービス」だ。

 

「私たちの開発方針はお客様が決めるが、今の最大のテーマはクラウド対応。現時点ではハードウェア製品を希望されるお客様であっても、将来におけるソフトウェア化への道筋が示されていなければハードウェアに投資してくれない」――。こう述べるのは、米ソナス・ネットワークスのシニアバイスプレジデントでワールドワイドセールス責任者のマイケル・スウェイド氏だ。

ソナス・ネットワークス
(左から)日本ソナス・ネットワークスのカントリーマネージャー日野達基氏、米ソナス・ネットワークスでシニアバイスプレジデントを務めるマイケル・スウェイド氏、同ケビン・ライリ氏、日本ソナスでテクニカルリード・システムエンジニアを務める桑原良和氏


クラウド化は徐々に進行ソナスはSBC(Session Boarder Controller)を主力製品としており、固定・モバイルの通信事業者間を接続するNNI(Network-to-Network Interface)ソリューションなどを提供している。SBCは、SIPを利用するVoIPネットワークのゲートウェイとして、別のネットワークとの境界に設置されることから、音声・UC(Unified Communication)サービスにおいてセキュリティの防波堤の役割も果たす。

同社は2012年にN.E.T.(Network Equipment Technologies)を、翌年にPerformance Technologyを買収。従来の通信事業者向けのSBCに加え、エンタープライズ向けの小型SBCやDSC(Diameter Signaling Controller)などの領域まで製品ポートフォリオを拡大した。

さらに、研究開発に大きなコストを投じ、技術的アドバンテージを培っている。「私たちは年間総売上の約25%を研究開発費に費やすことをコミットしている」とシニアバイスプレジデントでエンジニアリングCTOのケビン・ライリ氏は語る。

近年、様々な“破壊的テクノロジー”が登場しているが、グローバルで同社がフォーカスしている技術の1つが「クラウド」だ(図表)。

 


図表 ソナスがフォーカスしている破壊的テクノロジーとそのインパクト
図表 ソナスがフォーカスしている破壊的テクノロジーとそのインパクト

 

「この3年間はクラウド化を目指し、完全なソフトウェア・ソリューションを実現すべく取り組んできた。クラウド化の準備はできている」。ライリ氏はこう説明したうえで、「ただし、企業のクラウド移行は、簡単に1ステップで実現できるものではない。ハードウェアからハードウェアとソフトウェアのハイブリッド、そして完全なソフトウェアへと時間をかけて徐々に少しずつ移行する。10年くらいかけてソフトウェア化を実現する企業もあるだろう」と続けた。

実際、世界的に産業界をリードする企業でもソフトウェアへ移行する準備ができていないケースはあり、現状はまだ大部分の企業がハードウェア・ソリューションに投資している段階だという。そのため、同社は継続的にハードウェアにも力を入れており、従来型の「ハードウェア・ソリューション」から「ハイブリッド・ソリューション」、「完全なソフトウェア・ソリューション」まで、柔軟に顧客のニーズに対応しうるソリューションを取り揃えているという。

さらに顧客がクラウド移行をスムーズに進められるよう、「私たちは、運用面においてもクラウド移行を考慮して研究開発を進めている。1つのトレーニングを受ければ、ハードウェア、ソフトウェア、ハイブリッドのいずれの環境であっても運用できるようにしている」と、スウェイド氏はアピールする。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

recomot1705
qloog1705
macnica1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます