企業ネットワーク最前線

働き方改革で「業務に支障あり」が4割――Sansanが働き方改革の実態調査

文◎太田智晴(編集部) 2017.02.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

(左から)Sansanの志賀由美子氏、
富岡圭氏、経済産業省の藤岡雅美氏

Sansanの調査によると、働き方改革に取り組む企業の7割が残業時間の引き下げを実施している。しかし、その実態は、「帰宅後のサービス残業が増えただけ」という企業が大半のようだ。Sansan取締役の富岡氏は「長時間労働の是正は、労働生産性と密接に関係している」として、ITによる生産性向上を訴えた。

 

クラウド名刺管理サービスのSansanは2017年2月1日、同社が実施した「働き方改革」に関する意識・実態調査の結果を発表した。

働き方改革というと、長時間労働の是正が今まさにクローズアップされているところだが、Sansan 取締役 Sansan事業部長の富岡圭氏は、「長時間労働の是正は、労働生産性と密接に関係している」と指摘。さらに「Sansanのサービスを導入する企業の大半が、生産性向上を目的にしている」とも述べたうえで、「一般の企業が生産性を向上させるためには、どういう行動をとるべきか。オフィスワーカーの働き方改革の実態を明らかにしたいと調査を行った」と今回の調査の目的を説明した。

同調査は、企業に勤めるオフィスワーカー1035人を対象に、オンライン上でのアンケートにより今年1月16日~17日に実施されている。

働き方改革が進まぬ理由の筆頭は「経営者」まず働き方改革の必要性についてだが、83.3%のオフィスワーカーが「働き方改革は必要」と回答した。ただその一方で、必要と答えたオフィスワーカーが勤める企業の65.5%は、まだ働き方改革に取り組んでいなかった。

働き方改革の必要性と実施状況 


その理由のトップに挙がったのが「経営者が取り組む必要性を感じていない」から。次いで、「社内の労力がなく取り組めない」「何に取り組んで良いかわからない」という理由が続いた。

「まだまだ暗中模索の状態であることを如実に示している」とSansan事業部 マーケティング部 ワークスタイルエバンジェリストの志賀由美子氏は語った。

働き方改革に取り組めていない理由 


では、すでに働き方改革に取り組んでいる企業は何をやっているのだろうか。一番多かったのは「残業時間の引き下げ」だ。「特に経営者から『若手を早く帰らせるように』といった指示が出ている企業が多い」(志賀氏)という。

働き方改革の取り組み内容 


しかし、業務自体を改革せず、単に残業時間を減らすだけでは、業務に支障が出るのが当然である。実際、今回の調査では、42.9%の人が業務に「支障あり」と答えた。具体的には、「帰宅後のサービス残業が増えた」という回答がトップになっている。

「業務量全体が変わるわけではないので、家に持ち帰って仕事している。“見えない”残業時間になっただけだ」(志賀氏)

働き方改革による業務への支障 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

スマートバリュー201612
ソフトバンク201612
softbank201701

>> 関連記事

記事はありません。

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます