ビジネス・企業

電気自動車に革命!? ― リニアテクノロジーがバッテリー管理システムを無線化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.01.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

無線メッシュネットワーク技術「SmartMesh」を提供するリニアテクノロジーが、同技術を使った「ワイヤレス バッテリーマネジメントシステム(BMS)」をBMWと共同開発した。BMSの信頼性向上やコスト削減に加え、電気自動車の“最大の弱点”である走行距離の短さを解決する切り札になる可能性もある。


東京ビッグサイトで2017年1月18日から20日にかけて開催されている「オートモーティブワールド2017」。同展示会で、無線メッシュネットワークを構築する技術「SmartMesh」を持つリニアテクノロジーが、BMWと協業で開発したコンセプトカーを展示した。


ワイヤレス バッテリーマネジメントシステムを搭載したコンセプトカー(BMW i3ベース)


BMWの電気自動車「BMW i3」をベースにしたこのコンセプトカーは、業界初となる「ワイヤレス バッテリーマネジメントシステム」を搭載している。バッテリーマネジメントシステム(BMS)とは、複数のセルを組み合わせて構成されるリチウムイオンバッテリーの各セル間、およびBMS ICとを接続し管理するもの。従来は有線でつながっていたその接続を無線化したのがワイヤレスBMSだ。



複数のセル(バッテリーパック)をつないでいたケーブルを無線化し、メッシュ型で接続


リニアテクノロジーのSmartMesh技術は、2.4GHz帯の無線通信によってメッシュ型ネットワークを構築できる技術で、通信経路を冗長化できるのが最大の特徴。通常のBMSはバッテリーセルをケーブルで直列につなぐため、万一1つの経路が切断されると接続が途切れるが、SmartMeshを採用したワイヤレスBMSの場合、どこかの経路が通信できなくなっても、自動的に迂回経路に切り替えて通信を維持することができる。

これに加え、無線化することによってBMSのコストを低減することも可能という。1台あたり約10mのケーブルと、0.5kg分のコネクタやトランス等が削減できる。



ケーブルやコネクタ等が不要になるためBMSのコストが低減できる


さらに大きいのが、ケーブル配線が不要になることによってスペースが空き、より多くのバッテリーパックが搭載できるようになることだ。

今回展示されたコンセプトカーでは、従来の搭載容量(33kWh)の約1.7倍の55kWhに向上した。なお、スペースにはまだ余裕が残されており、フルに活用すれば容量は65kWhまで拡張することが可能とリニアテクノロジーは考えているという。



従来型BMS(右)と、ワイヤレスBMS(左)の比較。
無線化によってバッテリーの搭載容量が向上する


そうなれば、走行距離は500kmまで伸ばすことができ、現在のガソリン車に匹敵する走行距離を実現できる。電気自動車の最大の弱点と言われる走行距離の問題を解決する有力な手段ともなり得る。

スペシャルトピックスPR

nec1711
hpearuba1711
watchguard1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます