導入ガイド

いざ実践!LPWA

3つの代表的LPWAの違いを理解する【SIGFOX、LoRa、NB-IoT】

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.01.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRaWAN基地局(IoT/M2M展の
エイビットブース)

安くて省電力で広域をカバーできるIoT向け無線のLPWA。では、代表的なLPWA規格であるSIGFOX、LoRaWAN、NB-IoTの違いはどこにあるのか。3つの特徴を見極めるとともに、先行例からLPWAを使いこなすコツを学ぶ。

 

2017年から、待望のIoT向け無線ネットワーク「LPWA(Low Power Wide Area)」が、いよいよ日本でも使えるようになる。

LPWAは低消費電力で広いエリアをカバーできる無線ネットワークだ。センサーなどの小さいデータを扱うIoT用途で、大きな需要が見込まれている。

サービス展開の先陣を切るのは、仏シグフォックスが世界24カ国で展開する「SIGFOX」だ。日本での独占事業権を得た京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が2017年2月から東京23区を皮切りにサービスを開始する。

もう1つは、2017年に本格展開の兆しがある「LoRaWAN」。ソフトバンクが2017年度内にLoRaWANを活用したIoTソリューションの提供を開始すると発表しているほか、NTT西日本やソラコム、M2Bコミュニケーションズなども積極的に実証実験を進めている。

これらにやや遅れて商用化されるのが「NB-IoT」だ。LTEベースのIoT向けネットワークで、今年6月に3GPPで標準規格が固まったばかり。日本では2016年10月から総務省・情報通信審議会で導入に向けた議論が始まっており、2018年春の商用化が期待されている。
通信手段の“空き地”にフィット「従来の通信手段でカバーできていなかった“空き地”にフィットするサービスをSIGFOXが展開した」。LPWAが注目を集めるようになった端緒について、海外の通信事情に詳しい情報通信総合研究所(以下情総研)上席主任研究員の岸田重行氏はこう説明する。

低消費電力の無線ネットワークの定番には、BluetoothやZigBeeなどがある。だが、これらの電波は遠くまで飛ばず、1つの基地局でカバーできるエリアは狭い。田畑や農場のように、km単位のエリアを全体的にカバーするには多数の中継器を設置する必要があり、広いエリアでの利用には適していなかった。

他方、広域をカバーできる無線ネットワークとして3G/LTEがあるが、1回線あたり月々数百円の通信料金がかかる。大量のデバイスがネットワークにつながるIoTではコストが大きく膨れ上がってしまう。また、消費電力が大きくいことも課題だ。

そうしたなか、登場したLPWA。通信速度は100bps~数十kbpsであり、3G/LTEと比較すると3桁も4桁も遅いが、圧倒的な低コストで省電力かつ広いエリアをカバーできる(図表1)。この特性から、IoT向けの無線ネットワークとしてLPWAに期待が集まっている。

 


図表1 IoTを実現する無線方式
図表1 IoTを実現する無線方式

 

岸田氏は、「日本は海外と比較すると、やや“空き地”は少ないが、SIGFOXとLoRaWAN、NB-IoTを軸に普及が進んでいく可能性は十分にある」と述べる(図表2)。


図表2 日本で導入済み、導入が見込まれる主なLPWA規格[画像をクリックで拡大]
図表2 日本で導入済み、導入が見込まれる主なLPWA規格

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

takarajoho1706
yamaha1706
sony1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます