導入・選定ガイド

いざ実践!LPWA

3つの代表的LPWAの違いを理解する【SIGFOX、LoRa、NB-IoT】

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.01.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRaWAN基地局(IoT/M2M展の
エイビットブース)

安くて省電力で広域をカバーできるIoT向け無線のLPWA。では、代表的なLPWA規格であるSIGFOX、LoRaWAN、NB-IoTの違いはどこにあるのか。3つの特徴を見極めるとともに、先行例からLPWAを使いこなすコツを学ぶ。

 

2017年から、待望のIoT向け無線ネットワーク「LPWA(Low Power Wide Area)」が、いよいよ日本でも使えるようになる。

LPWAは低消費電力で広いエリアをカバーできる無線ネットワークだ。センサーなどの小さいデータを扱うIoT用途で、大きな需要が見込まれている。

サービス展開の先陣を切るのは、仏シグフォックスが世界24カ国で展開する「SIGFOX」だ。日本での独占事業権を得た京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が2017年2月から東京23区を皮切りにサービスを開始する。

もう1つは、2017年に本格展開の兆しがある「LoRaWAN」。ソフトバンクが2017年度内にLoRaWANを活用したIoTソリューションの提供を開始すると発表しているほか、NTT西日本やソラコム、M2Bコミュニケーションズなども積極的に実証実験を進めている。

これらにやや遅れて商用化されるのが「NB-IoT」だ。LTEベースのIoT向けネットワークで、今年6月に3GPPで標準規格が固まったばかり。日本では2016年10月から総務省・情報通信審議会で導入に向けた議論が始まっており、2018年春の商用化が期待されている。
通信手段の“空き地”にフィット「従来の通信手段でカバーできていなかった“空き地”にフィットするサービスをSIGFOXが展開した」。LPWAが注目を集めるようになった端緒について、海外の通信事情に詳しい情報通信総合研究所(以下情総研)上席主任研究員の岸田重行氏はこう説明する。

低消費電力の無線ネットワークの定番には、BluetoothやZigBeeなどがある。だが、これらの電波は遠くまで飛ばず、1つの基地局でカバーできるエリアは狭い。田畑や農場のように、km単位のエリアを全体的にカバーするには多数の中継器を設置する必要があり、広いエリアでの利用には適していなかった。

他方、広域をカバーできる無線ネットワークとして3G/LTEがあるが、1回線あたり月々数百円の通信料金がかかる。大量のデバイスがネットワークにつながるIoTではコストが大きく膨れ上がってしまう。また、消費電力が大きくいことも課題だ。

そうしたなか、登場したLPWA。通信速度は100bps~数十kbpsであり、3G/LTEと比較すると3桁も4桁も遅いが、圧倒的な低コストで省電力かつ広いエリアをカバーできる(図表1)。この特性から、IoT向けの無線ネットワークとしてLPWAに期待が集まっている。

 


図表1 IoTを実現する無線方式
図表1 IoTを実現する無線方式

 

岸田氏は、「日本は海外と比較すると、やや“空き地”は少ないが、SIGFOXとLoRaWAN、NB-IoTを軸に普及が進んでいく可能性は十分にある」と述べる(図表2)。


図表2 日本で導入済み、導入が見込まれる主なLPWA規格[画像をクリックで拡大]
図表2 日本で導入済み、導入が見込まれる主なLPWA規格

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamaha1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます