ニュース

工場IoT化を推進するFlexible Factory Project、無線通信の安定化に向けたソフトウェア構成を提案

文◎business network.jp編集部 2017.01.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

工場IoT化における無線通信の安定化に取り組む「Flexible Factory Project」は、「複数の無線システムを協調制御して安定化するための無線通信のソフトウェア構成の提案」を行ったと2017年1月17日に発表した。この提案は、ユーザーとなる工場で実際に行った評価実験、評価結果の検証、工場へのヒアリング調査などに基づく成果だという。

Flexible Factory Projectは、無線システムが混在する工場内の無線通信の安定化に取り組むため、2015年6月に立ち上げられたプロジェクトだ。情報通信研究機構(NICT)、オムロン、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、日本電気(NEC)、日本電気システム(NEC電機システム)、富士通、富士通関西中部ネットテック(富士通KCN)、サンリツオートメイションおよび村田機械が、プロジェクトに参加している。

提案された無線通信のソフトウェア構成が対象としているのは、920MHz帯、2.4GHz帯、5GHz帯、60GHz帯の周波数だ。アプリケーションソフトウェア側の情報のやり取り手法を統一することにより、物理層によらない制御を可能にしたという。ソフトウェア構成は、これまでの実験で明らかになった工場ごとの無線環境の違いや、実際に使われる無線用途別の通信要件を踏まえて設計されている。

なお、無線用途別の通信要件は2017年3月に、「製造現場における無線ユースケースと通信要件」として公開される予定だ。

NICTと共同実験各社が、複数の稼働中の工場で行った無線環境評価、無線通信実験の様子

スペシャルトピックスPR

brocade1703
nw1703
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】実験で分かった! LPWAのホントの実力
     日本を覆い始めたLPWA網/LPWAの電波はどれくらい飛ぶ?
     独自LoRaなら40km先まで/コストの実際のところは?
     1基地局あたりの接続デバイス数は?/「耐移動性」はある?

●富士通 執行役員 妹尾雅之氏「光伝送も基地局もオープン化時代」
●280MHzポケベル帯で事業化狙う広域無線「FlexNet」
●UC最新動向 ●深刻化するDDoS攻撃対策

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
ngn2016
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます