キーパーソンが語る

LoRaWANが「最有力」なワケ――LoRa創設メンバーの仏アクティリティが日本進出

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション発行人) 2017.01.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LoRaアライアンスの創設メンバーで、LPWA業界のリーダーの1社である仏Actility(アクティリティ)。日本での活動も開始した同社バイスプレジデントのボリス・デズィー氏と日本代表の松原崇氏に、LoRaWANの特徴や海外での実績、他のLPWA技術と比較した優位性などを聞いた。


――アクティリティの事業について教えてください。


松原 我々はLoRaアライアンスの創設メンバーの1社です。顧客のIoTビジネスを加速し、より付加価値の高いビジネスを行うための提案をしています。

LoRaWANネットワークサーバーで培ってきた世界的な実績をもとに、KPN、スイスコム、ベルギーのプロキスマス、コムキャストといった企業のビジネスをサポートしています。そのような経験を活かし、上位のアプリケーションサーバーに効率的なインタフェースを提供することやIoTデバイスの事前テストの推進、テスト済みデバイスの世界への販路の提供まで、幅広く顧客のビジネスを加速させる取り組みを行っています。

――日本ではどのようなビジネスを展開する予定ですか。


松原 日本はこれまで、LoRaWANの導入において欧州に遅れを取ってきました。しかし2016年に入りソフトバンク、NTT西日本、ソラコムとM2Bなどが積極的にトライアルを行い、商用化に向けて大きく動き出しています。

アクティリティとしては、こうした事業者のIoTサービスを推進すると同時に、一般企業でのIoTへの取り組みをトータルでサポートしたいと考えています。

 

アクティリティ
アクティリティ バイスプレジデント グローバルセールスのボリス・デズィー氏(左)とアクティリティ 日本代表の松原崇氏

 

――日本でもLPWAへの期待が非常に高まっています。

デズィー LPWAには、LoRaWANのほかにもSIGFOX、今後が見込まれているNB-IoT、カテゴリーM1などがあります。その中でもLoRaWANが最有力だと私たちは考えています。

そのポイントの1つは、屋内と屋外、それぞれの環境に適した方法で通信できるテクノロジーだからです。外ではアンテナ基地局、インドアではピコセルといわれる小さなアンテナで通信を確保します。

またLPWAですので当然のことながら低消費電力で電波は遠くまで届きますし、用途に応じたサービス開発にも適しています。

SIGFOXとの大きな違いは、パブリックとプライベートの両方のシステムで利用できる点です。日本には現在、国内全土に広くLoRaWANをパブリックサービスとして提供しようとしてる通信事業者は現れていませんが、海外ではそのような動きも活発です。

――Wi-Fiのように自由にネットワークを導入できる柔軟なビジネスであるという点でSIGFOXとは異なる。

デズィー はい。SIGFOXの場合は、SIGFOXのネットワークを構築・運用するSNO(SIGFOX Network Operator)が1国1社の原則でサービス提供します。それに対してLoRaWANは、オープンスタンダードの無線通信技術をベースに約400社が参加するLoRaアライアンスがビジネスを推進します。

もう1つ、「トラッキング」も強みです。キラーアプリといってもよいでしょう。

――トラッキングとは、具体的にどういうものですか。

デズィー LoRaWANでは、GPSを利用しなくても位置情報が取れます。エンドにあるデバイスが信号を発信すると、複数の基地局はナノセカンド単位でタイムスタンプを打ちます。そして、三角測量的に伝達速度と距離で端末の位置を計算します。

これは、「TDOA」(Time Difference of Arrival)という技術で、LoRaWANのサービスとして提供できます。

貨物トラッキング、鉄道レールの監視、駅舎のエレベーター管理、貨物の管理など多様なサービスで使えますし、年単位でバッテリーが持つのも特徴です。

既存のGSMなどではコストが高く、実現するのが難しかったサービスが、LoRaWANではどんどん生み出されるのではないかと思っています。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

uniadex1709
yamaha1710
softbank1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます