企業ネットワーク最前線

ソフトバンクのLPWA戦略とは? 「IoTの先頭を突っ走る」

文◎唐島明子(編集部) 2017.01.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LPWAへスピーディーに対応するなど、IoTの分野で存在感を発揮しているソフトバンク――。同社は、LoRaWANをはじめとするIoTビジネスに積極的に取り組み、モバイルキャリアの1位を目指すという。

 

「アグレッシブにやってこそソフトバンク。孫正義会長を筆頭に、他のキャリアを圧倒するスピード感で、IoTの先頭を突っ走る」(ソフトバンクの沓野剛氏)

IoT向け無線ネットワークとして期待が高まる「LPWA(Low Power Wide Area)」─。国内大手3キャリアの中でスタートダッシュを決めるのはソフトバンクだ。

同社は先般、2016年度内に免許不要の周波数帯域(アンライセンスバンド)を利用するLPWAの「LoRaWAN」を提供開始すると発表した。

ソフトバンク
(右から)ソフトバンクのサービスプラットフォーム戦略・開発本部プラットフォーム戦略統括部戦略部部長を務める中島裕司氏、同戦略部戦略1課課長の沓野剛氏、同戦略部戦略1課の板垣睦敏氏


LoRaWANの魅力は展開スピードとオープンさ「NB-IoTでは、『今、IoTをやりたい』という声には応えられない。現在使える技術で、ベストのIoTソリューションを実現するためだ」。LoRaWANの提供を決めた理由について、ソフトバンクの中島裕司氏はこう説明する。

免許が必要な周波数帯域(ライセンスバンド)を利用する「NB-IoT」や「カテゴリM1」は、2016年6月に3GPP(移動通信の国際標準規格を策定する業界団体)のRelease 13で標準化されたばかり。技術検証や国内の法整備などを経て、実際に利用できるようになるのは、2018年になると見られている。それまでの時間的空白を埋めることが、ソフトバンクがLoRaWANを採用した最大の目的だ。

ただし、LoRaWANに匹敵しうる現在利用可能なLPWAは、2017年2月からサービスが開始される「SIGFOX」に加え、米Ingenuの「RPMA」、Sensus(センサス)の「FlexNet」など、他にも存在する。

数ある選択肢の中から同社がLoRaWANを選んだ理由は「オープンさ」にあるという。

「LoRaWANは、オープンでエコシステムが大きい。すでに400社以上がLoRaアライアンスに参加しており、3GPPに近い形でオープンに仕様を決めている。数多くの企業がセンサーを作り、幅広いユースケースに対応できるようになることが見込まれるため、LoRaWANを採用することにした」(沓野氏)

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
yamato1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます