キーパーソンが語る

新生ACCESSの“成長戦略”を兼子社長に聞く――「主力のブラウザ事業がIoTで再起。ネットワーク仮想化も柱に」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2016.12.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ACCESS 代表取締役社長
兼子孝夫氏

携帯電話向けブラウザで2000年代に急成長を遂げながらスマートフォン普及後の事業転換、新規ビジネス開拓が遅れ2014年度には赤字に転落したACCESS。そうしたなか、再建を託されたのが兼子孝夫社長だ。「17年は新たな成長を始める年にしたい」と語る同氏に、成長戦略を聞いた。

 

――2015年4月に社長に就任されましたが、その経緯を教えてください。

兼子 経営の立て直し役を任されました。それまでACCESSとの縁はなかったのですが、社外取締役である宮内義彦氏(オリックス シニアチェアマン)と、当時社外取締役であった新浪剛史氏(元ローソン取締役社長及び会長、現サントリーホールディングス代表取締役社長)から依頼されたのがきっかけです。

当社の業績は売上が300億円超の09年をピークに下降し、私が就任する直前の15年1月期には、売上高は75億円まで落ちていました。営業損は10億円、純損失が25億円という状況でした。

ACCESSは、1998年にNTTドコモのiモードに携帯電話用ブラウザ「NetFront Browser」が採用されたことで急成長した会社です。07年に時価総額は4600億円と最高額を記録しましたが、まさにその絶頂期にアップルがiPhoneを発表しました。

そこから携帯電話市場の競争原理が激変するわけですが、スマートフォンが急速に普及するなか、当社の携帯電話向けブラウザの収入は急速に減少しました。11年1月期に約85億円あったライセンス収入は、昨期(16年1月期)1割ほどになりました。

就任2年目で黒字体質へ――社長就任後これまで、どのような取り組みを行ってきたのですか。

兼子 この1年半の最大の眼目は、営業利益を黒字にすること。黒字体質に転換し、次の成長戦略を進める土台を作ることでした。

具体的には、販管費と言われる管理部門や営業部門のコストを落とし、それから仕損、いわゆるトラブルプロジェクトを徹底的に見直しました。

その結果、営業損は16年1月期に1億1400万円に縮小しており、今期(17年1月期)は1億5000万円の黒字を目標にしています。

――前職、富士通ビー・エス・シーの社長(04年6月~11年6月)を務められたときも経営の立て直しに成功していますが、経営再建の秘訣は何だとお考えですか。

兼子 赤字会社というのは、やはり無駄なカネをたくさん使っているものです。そのコストを落とすだけで随分変わります。

ACCESSの体制も、売上減少に合わせて規模の縮小に取り組んできましたが、それでもまだ無駄がありました。幕張と水道橋に分散していたオフィスの統合や、管理部門の退職者を補充せず人数を減らしたり、営業の一部を開発部門に移すといったかたちで適正化しました。

もう1つの問題はトラブルプロジェクトです。

これがあると資源がみな後ろ向きになり、新しい仕事をやる余裕がなくなります。トラブルプロジェクト自体のロスと同時に、新しいビジネスチャンスも失っているわけで、これを無くすことは二重の効果があります。

昨年度はひたすらトラブルプロジェクトの整理に努めました。随分といろいろ止めさせて、伸びる可能性のある分野に資源を集中させました。

この1年半で贅肉が削げて筋肉質になりました。来年度は新規事業で売上を伸ばすフェーズに入ります。

――今期で黒字化を果たして、来年は売上増に本格的に取り組むと。

兼子 今期の売上高の計画は71億円で、前期の68億3700万円より売上を伸ばす計画です。来期からは新しい収益を作って“攻め”に転じます。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

兼子孝夫(かねこ・たかお)氏

1971年3月早稲田大学政治経済学部政経学科卒業、同年4月富士通入社。90年12月同社システム本部第5システム統括部自治体システム部長、97年6月同社システム本部情報出版システム統括部長、2001年6月同社システム本部主席部長、02年6月富士通テクノシステム代表取締役社長、04年6月富士通ビー・エス・シー代表取締役社長。15年3月ACCESS顧問、同年4月代表取締役社長に就任、現在に至る

スペシャルトピックスPR

bmtech1806
iijglobal1806
ms1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます