ビジネス・企業

チェック・ポイントが2017年のサイバー攻撃を予測 ―― モバイル・IoTデバイスが標的に

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.12.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2016年11月30日、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表した。


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
セキュリティ・エバンジェリストの卯城大士氏


同社でセキュリティ・エバンジェリストを務める卯城大士氏が挙げたポイントは、次の5つだ。(1)標的化されるモバイルデバイス、(2)インダストリアルIoT(IIoT)、(3)エネルギー、通信などの重要インフラへの攻撃、(4)組織の維持を左右する脅威対策、(5)クラウドへのバックドア増加である。



2017年のサイバーセキュリティ動向予測

モバイルがサイバー攻撃の開始ポイントに
筆頭に挙げたモバイルセキュリティについては、まず「iOSに対する脅威、リスクが増大している。iOSは安全という神話は安易に言えない状況だ」と指摘。その上で、モバイルデバイスをターゲットとした攻撃の中身にも変化が見られると話した。

1つは、モバイルに対するDDos攻撃だ。同氏によれば、スマートフォン等にマルウェアを仕込むことで「社会を麻痺させることが可能になっている」という。

ペングリオン大学の研究によれば、6000台程度のモバイルデバイスを感染させるだけで、大量のトラフィックを発生させ、米国の緊急通報の1つである911コールの半数をダウンさせることが可能と分析されている。さらに、20万台が感染すれば全米の緊急通報サービスを危機状態化させることもできるという。



モバイルデバイスがサイバー攻撃の「標的」にされる


もう1つは、企業・組織を狙うサイバー攻撃者が、モバイルデバイスとそのユーザーを「標的化」するというものだ。

現在は、企業・組織に標的型メールを送り付けることで内部への侵入を試みるケースが多いが、今後は、そこに属する人のモバイルデバイスをターゲットとする手法が増えると予測する。「モバイル端末に入りこみ、それをゲートウェイ(入口)にする。攻撃の開始ポイントになり得る」と卯城氏は話す。

モバイルデバイスに対する攻撃はすでにいくつも確認されており、同氏は16年8月に発見されたiOSのゼロデイ脆弱性「トライデント」を悪用した例を紹介した。あるジャーナリストのiPhoneにスパイウェアを送り込み、その活動をモニタリングし、情報を取得していた例が確認されているという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ibm20170222
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます