キーパーソンが語る

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

NTTPCコミュニケーションズ小原氏――技術が追いつきIoTの時代がついにやって来た

文◎百瀬崇(ライター) 2016.12.13

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTPCコミュニケーションズ
マーケティング技術責任者
小原英治氏

IoTはバズワードではない――。NTTPCコミュニケーションズの小原英治氏は、同社のIoT関連の取組事例を数多く紹介し、そのことを証明する。だが、IoTにも課題があり、その1つがセキュリティ対策だという。NTTPCコミュニケーションズは、IoTが持つ課題を解決しつつ、パートナー企業とともに新しいビジネスを創造していく方針だ。

 

NTTPCコミュニケーションズ マーケティング技術責任者の小原英治氏は、NTTグループに30年近く勤務してきた。その間、INSやVI&P構想、マルチメディア基本構想、NTTレゾナント構想、ユビキタス、M2Mなどといった言葉が生まれてきたが、多少の違いはあっても基本的には似たような世界を目指してきた。これらの言葉はすべて、現在注目を浴びる「IoT」につながるもの。「やっと技術が追いつき、バズワードではなくなった」と小原氏は話す。

小原氏によると、IoTは5つのステップを踏んで進化していくという。①接続、②管理、③分析、④自動化、⑤創造――の5つだ。現在は、③分析のステップにあると小原氏は説明する。

「分析には、多変量分析とDeep Learning・AIによる分析の2種類がある。Deep Learning・AIによる分析までたどり着ければ、経営にインパクトを与えることができるが、まだそこまで至っていないと認識している。AIは未知数な部分が多いからだ。ただ、Deep Learning・AIがもっとうまく働くと、IoTが経営に貢献できるようになる。Deep Learning・AIはIoTの命運を握っていると言える」(小原氏)

様々な産業で導入されるIoT関連ソリューション次に小原氏はNTTPCコミュニケーションズのIoTに関する取組事例をいくつか紹介した。

例えば水道のスマートメーター。日本で水道メーターが生産されて約100年経つが、基本構造はまったく変わらずコモディティ化していた。NTTPCコミュニケーションズはそこにIoTの技術を取り入れてスマートメーター化することで、上下水道の使用時間や流量などのデータを収集し、遠隔検針を可能にして水道局員の派遣コストを削減させることを可能にした。

小原氏は、シカやイノシシ、イタチなどの有害鳥獣捕獲のための檻やワナをIoT化した事例も紹介した。檻やワナに鳥獣がかかり、金具が外れるとアラートメールを送信する仕組みだ。

「この事例のポイントは、単三乾電池4本でセンサーを2年間も動かせられること。センサーは金具が外れてメールを送信するとき以外はシャットダウンしているため、それが可能になる。ローテクを駆使した面白い事例だ」と小原氏は説明する。

また、最近では捕獲後の野生鳥獣を「ジビエ」として販売できるといったメリットもある。 有害鳥獣の農作物被害に悩む自治体は多く、年間の被害総額は200億円とも言われている。NTTPCコミュニケーションズのソリューションは、すでに40以上の自治体や林野庁、農協などにこのソリューションを提供しているという。

ネットワークカメラを用いた用水路の遠隔監視も行っている。用水路にカメラを設置して遠隔監視を行い、見回り作業を効率化させる。また、上流にある雨量計と連動させ、何時間後あるいは何分後にどのぐらいの水量となるのかを予測することもできるという。IoTの導入により、冠水被害を未然に防ぎ、高齢化する農業者をサポートすることが可能になる好事例だ。

このように、IoTを活用することで得られるメリットは大きいが、IoTならではの課題もある。セキュリティ対策はその1つだ。

IoTはVPNのないローカルエリアで利用される。センサーから発信されたデータは、A/Dコンバーターとネットワークノード、M2Mゲートウェイを経由してクラウドへと送られるが、その間にはショートや断線、なりすまし、改ざん、悪意のあるノードからのアタックなどといったリスクが存在する。例えば、従来であれば工場内でウイルスが混入する心配はほとんどなかったが、ネットワーク化が進むことでそれが起こる可能性が高くなるのだ。

「悪意があるかないかに関わらず、ワークすべきものがワークしないのはセキュリティインシデントとしてとらえるべきであり、NTTPCコミュニケーションズでもその対応策を考えている」と小原氏は説明する。

企業ネットワークの場合、ウイルス対策ソフトを搭載していないPCはまずないだろう。だが、IoTシステムでは、センサーにウイルス対策ソフトを搭載できるメモリも、それを処理できるCPUもない。「その処理を行えるのはIoTゲートウェイであり、インテリジェントなIoTゲートウェイが求められている」と小原氏は指摘する。

スペシャルトピックスPR

recomot1710
IBM1710
nec1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます